2009/4/6

大人買い‥  映画

  クリックすると元のサイズで表示します
   仮組みをしたばかりのブラスター銃


 趣味の映画鑑賞が高じて、ちょっと「大人買い」をしてしまいました。

 82年にリドリースコットが監督をした、今ではカルトムービー化していますSF映画「ブレードランナー」があります。そのなかで主演のハリソン・フォードが持っているブラスターと呼ばれている銃があるのですが、そのデザインのユニークさから、その後の様々なSF映画の銃に影響を与えました。大変人気のある銃なのですが、実際に使われたものが、消息不明のため、(それぞれ想像で造るため)様々な形をしたガレージキットが発売されました。その一つを私も購入したことがあります。

 ところが数年前に、実際に使用した銃が発見されました。そのカルトな筋では、大変な話題になりました。
 それを元に、決定版とも言えるものが、日本のオブジェ販売の専門店が2年がかりで製作し、昨年の暮れに予約発売されました。完成品はなんと、10万円を優に超える価格でした。高価だったので到底私のようなものが買うものではないと思いました(でも、欲しい‥)。
 が、そのキットは、半額の○万円でした(1の位の後半の数字ですが)!完成品も合わせて200挺限定でした。数が少ない上に、大変人気のある銃でしたので、まず無理かと思いつつ、昨年暮れに、意を決して、安いほうのキットを申し込んだところ、予約ができました。
 それで、ようやく3月上旬に届きました。
 散財しました‥。もう当分、映画のDVDも買えませんね。それにブルーレイどころではなくなりました‥。
 でも、満足しています。まさに「大人買い」でした。理屈で考えたら、こんなものに、と言われそうです。でも、マニアのマインドを満足させてくれるのです。

 昨日、とりあえず仮組をしてみました。作ることで、また細部の理解につながるのです。これをいかにリアルにプロップガン(映画で使われる銃の意)に近づけられるか。
 まだまだ削ったり、磨いたりしなくてはなりません。また着色もリアルにするつもりです。
 空いた時間を見つけながら、1年ぐらいかけて仕上げていこうと思っています。

 「銃」というと野蛮な、子供っぽい感じに思えますが、城の模型や帆船の模型などを仕上げるのと同じような、大人ならではの楽しみです。あまり、白い目で見ないでくださいね。


2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ