2009/4/16

さんじょうご用聞き笑店街  商店街

   クリックすると元のサイズで表示します

 地元向けの話題で恐縮ですが、今日から「さんじょうご用聞き笑店街」が始まりました。

 これは、三条市長から、中心市街地・商店街の再生のひとつのカギとして2年前に、我々商店街に投げられたボールでした。

 それは総務省の「地域ICT利活用モデル構築事業」として、インターネットを利用した事業を商店街再生に使えないかということでした。インターネット云々というと、今ふうな、若者向けに受け取られますが、考え方としては、商店街をひとつの商店と見立てて、共同して「ご用聞き」をし、共同で「配達」をするというものです。

 その考えを聞いたときに、私は、「面白い」と思ったのですが、反対意見もありました。話を聞くと、それぞれが描く事業形態が違っているのが分かりました。ある人は、買物代行業務を考えていたり、またある人は「生協」のようなものをイメージし、倉庫や大型冷蔵庫を備えなければならないと考えていたり。
 私の考えは、シンプルに情報のやり取りのみを事務局が受け持ち、各商店が自分の商品を宅配して集金するというものでした。
 ですので、当初、市長にお願いしたのは、商店街関係者相互の充分な話し合いの場を作ってほしいということでした。そこでしっかりそれぞれの事業イメージのすり合わせをすることが必要だと思いました。

 結果として、約2年間にわたり本事業構築のための協議会、懇談会が行なわれ、そこに私も参加させていただきました。市がかかわる補助事業としては、めずらしく充分に意見のすり合わせができたと思います。
 それで、ようやく本日発足いたしました。まだまだ不備はあると思いますが、現段階の我々の力量を考えると、最良なかたちでのスタートとなったと思います。

 これからこの事業に「魂」を入れ込み、2年前に投げられた市長からのボールを、しっかりヒットを打っていきたいものです。

 現段階では、三条の中心商店街周辺のエリアに限定されていますが、中心市街地の皆様、是非、会員になって、お買物をお願いします。

※詳しくは、「さんじょうご用聞き笑店街ホームページ」をご覧ください。

   クリックすると元のサイズで表示します
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ