2009/6/11

夏の夕と花酵母仕込  お酒

クリックすると元のサイズで表示します

 今月新発売のお酒とちょっと変わったお酒のご紹介。どちらもお隣の加茂市にある蔵元のお酒です。

 この6月に発売されたマスカガミの季節商品「夏の夕」吟醸生貯蔵原酒。原料米に山田錦を使い、精米歩合は掛米が50%、麹米が60%、日本酒度がプラス2、酸度が1.4、アルコール度が18〜19度。冷してお飲みください。原酒生貯ですから、冷しても仄かな吟醸香が楽しめ、夏の季節に合う爽やかな味わいです。キリリと冷して夏の晩酌にいかがでしょうか?原酒ですのでロックもいけます。

 もうひとつは、昨年も発売されました、雪椿酒造の「越乃雪椿 純米吟醸・雪椿麹仕込」。杜氏自ら、加茂山公園の雪椿の花を採取し、その花の酵母で醸造しました。原料米も地元の越淡麗を使用し精米歩合60%、日本酒度+5、酸度:1.6、 アルコール:16〜17度とすこし高め。フレッシュな味わいで、含み香があり、飲み口爽やかな純米吟醸に仕上がっています。

どちらも720mlで1,575円です。父の日のプレゼントにいかがですか?もちろん晩酌にもどうぞ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ