2010/6/30

コンパクトストア「まごころ」オープン!  商店街

  クリックすると元のサイズで表示します

 去る6月26日に、待望のコンパクトストア「まごころ」がオープンしました。我が中央商店街が、中心市街地にミニスーパーを開設したのです。あの有名な「事業仕分け」にもかかってしまった国の補助金(その経緯を記したブログページ)と三条市の補助金を得て行なった事業です。
 先日も、フジTVの「とくダネ」が取材に来ました。それでまた私は、全国放送に出てしまいました。今回は9時過ぎの放送だったので、それほど見ていらっしゃった方は少なかったようですが‥。

    クリックすると元のサイズで表示します
     6月17日放送のフジTV「とくダネ」に出てしまいました‥

 話がそれました。すみません。

 「買物難民」という言葉があります。意味は、高齢者率の高い中心市街地に、生鮮三品(魚・肉・野菜)を販売する店・スーパーがなくなり、足(車)のない高齢者が、日常の買物に困ってしまう状況のことを言います。
 当商店街にもそうなりつつありました。高齢化率が高い地域のうえ、昔からあった大型店が閉店し、もう一つあるスーパーもこの6月末で閉店が決っていました。
 コンパクトストア「まごころ」ができなかったら、7月以降は、「買物難民」が溢れる状況だったのです。
 その意味でもコンパクトストア「まごころ」のオープンは地元にとって大変良かったと思っております。

  クリックすると元のサイズで表示します

 26日のオープンセレモニーでは、市長を始め、市議、自治会長、地元の方々、また地元の三条小学校の児童50数名の子ども達も参加しての「100人テープカット」を行いました(実際は約130名)。太鼓の演奏(三小相承会)やバンド演奏(Shalaku)もあり、地元の「鍛冶レンジャー」や、三条市の「エコちゃんさんちゃん」も登場しての、普通のスーパーのオープンでは考えられない盛大なセレモニーになりました。

    クリックすると元のサイズで表示します
     地元の方々と「100人テープカット」!

    クリックすると元のサイズで表示します
      三条市のゆるキャラの「エコちゃんさんちゃん」も登場

   クリックすると元のサイズで表示します
    三小相承会の皆さんの三条太鼓

   クリックすると元のサイズで表示します
    Shalakuの皆さん

   クリックすると元のサイズで表示します
    鍛冶レンジャーゲーム

 これからは、地元の期待に応えるべく高齢者の方にやさしい「まごころ」のこもったミニスーパーとして中央商店街で運営していきます。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ