2011/7/31

記録的な豪雨!  

 一昨日(7月29日)、昨日と、当地、三条市が全国ニュースをにぎわせました。7年前の「7.13水害」以上の記録的豪雨に、三条市は見舞われました。

 29日の朝は、降り止まぬ雨を気にしながら、月末ですので請求書配りをしたり、午前中外に出ていました。店に帰ると、店の飾り棚のところが雨もりがしていました。多分バケツをひっくり返したような豪雨で、雨トイが処理しきれずに壁面づたいに水が入ってきたようです。慌てて商品を棚からおろしたり、新聞紙を雨漏り箇所に置いたりしていました。まだそんな「記録的豪雨」になるとは知らずに‥。

 午後1時ごろに、市の災害放送から、全市的に「避難準備」が発令されました。その後の午後4時には、「避難勧告」が発令されて、これは、大変なことに!と思いました。裏の川(五十嵐川)を見に行くとかなりの水位。7年前のままの土手であれば、もう溢水していたでしょう。河川改修のおかげでとりあえずは保っている状態でした。川に足を滑らせて落ちれば、死ぬこと間違いなしと思えるほど急流で、茶色に変わった泥水が流木とともにすごい速さで流れていました。


      

 「避難勧告」は、避難所もしくは、自宅の二階へ避難とのことで、取り合えずはその夜は、二階で夕食を食べ、もしものためにアルコールを一切飲まずに二階で過ごしました。

 翌朝の7月30日も午前5時ごろから土砂降り状態で、ダムの放水を告げるサイレンが鳴りっぱなしでした。まだまだ危険な状態でした。
 上流で決壊したとの情報があり、決壊した地域の方々には申し訳ないですが、これでこちらはなんとか持つだろうと思いました。

 7月30日は、午後から晴れ間も見えて、今までが嘘のようないいお天気になりました。川もすこしづつ水位が下がり始めました。
 午後3時には、下田地区(上流の地域)を除いて、避難勧告解除になり、ホッと一安心しました。

 それからは、いつもの月末の仕事になり、配達のため車で市内を回りましたが、至るところで、降雨による冠水で、通行止めになっていました。当店はほとんど被害はありませんでしたが、三条市内でみると半分ぐらいは床下、床上冠水があったようです。改めて今回の記録的豪雨の凄さを感じました。

 配達途中で、五十嵐川と信濃川の合流点から弥彦山を見ると嘘のような穏やかな水面に夕焼けが写り、弥彦山の稜線の美しさとともに、息をのむ美しさに驚きました。今まで荒れ狂ってい川とは思えない光景でした。

   クリックすると元のサイズで表示します

 あらためて自然の猛威を実感しました。
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ