2013/5/5

「藁の盾」  映画

クリックすると元のサイズで表示します

 三池崇史のまともそうなアクションものだったので期待して。
 ☆☆☆.5。(☆☆☆☆☆が満点)

 思ったよりまともな映画でした。三池崇史作品にしては。

 やはりさすがです。映画製品を作ることに関してはプロです。見せ場満載で楽しませていただきました。
 (大掛かりなシーンがかなりあり、撮影は大変だったと思います)
 シーンシーンの充実度、役者の成りきり方、いやはやさすがさすが。心配していた松嶋菜々子もちゃんとSPに見えました。けっこう良かったのが瑛太の弟の永山絢斗。

 ただ、後半になるにつれ話が小さくなり、もっと派手にやってほしい気はしました。

 この手の映画は、アクションを見せるための設定(護送する容疑者を市民から警官から誰でも狙ってくる)のようなものなので、もっとアクションシーンをこだわって数を多く入れるべきだったと思います(ハリウッドなみに)。あとは筋をいかに破綻なく繋げていくか。こちらはなんとか持ちこたえていたと思います。

 けっこう考えさせる設定もあり、私はラストでちょっと涙が出ました。ネタバレになるので書きませんが。

 大沢たかおもカッコいいし、面白かったですが、三池らしい毒がもっとあっても良かったと思います。

 カンヌはダメだと思います。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ