2006/6/3

三条名物「イカ合戦」開催!  

   クリックすると元のサイズで表示します

 今日と明日(6月4日)は、三条の名物、「イカ(凧)合戦」が行われます。写真は、前夜祭の「凧(いか)パレード」の風景です。当店の前を通っていきます。

 この時期、となりの白根などでも「凧(たこ)合戦」が行われますが、三条の「イカ合戦」の由来は、三条市のホームページによると――

 『江戸時代、当時三条には村上藩の武士が住む陣屋が設
 置されており、ある日その陣屋の子たちが揚げている凧
 を見て、日頃から武士にうっぷんを持っていた鍛冶屋の
 小僧たちが、姿を隠しながら自分たちも凧を揚げ、空中
 で凧を絡ませて糸を切り陣屋の子どもたちの凧を遠くに
 飛ばしてしまいました。

 この争いがやがて大人どうしの凧合戦になり、ついには
 端午の節句の凧合戦では庶民が武士と争うことが公然と
 認められるまでなりました。
 その後凧合戦は町内同士の対抗戦として現在まで受け継
 がれています』
 (一部省略 三条市HPより)

 三条の凧は、「イカ」と言います。
私のうろ覚えの記憶によると、江戸時代、あまりに「たこ合戦」が流行ったため、お上(かみ)が、「たこ合戦禁止令」を出したそうです。それで庶民は、これは「たこ」ではなく「イカ」だと言いはって、「凧(いか)合戦」を楽しんだそうです。それから三条では、凧を「イカ」と言うようになったそうです。

 三条の凧は六角巻凧です。(となりの白根の「凧合戦」は四角の凧です)くるくると巻いて小さくできるのが特徴です。海外にも「SANJO ROKKAKU」の名で知られ、三条市は世界の六角凧の発祥の地として紹介されています。(三条市HPより)

 今年から、三条競馬場跡地で開催されますので、駐車場も以前より充分あります。
 是非、三条に見に来てください。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ