2006/11/4

100円商店街  商店街

 昨日の11月3日の文化の日に、当店が所属する中央商店街で、「100円商店街」を開催しました。各店で、通常では100円で買えない商品をワンコインの100円で販売したのです。(山形県の新庄市で、最初に始められたイベント方式です)

 当店では、高野酒造の純米吟醸・越匠の180ml通常価格525円を100円で提供しました(お一人様1本限定)。来場者は20名程度でした。(まだまだ少ないですねぇ)

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 来場したお客様は、大変喜んで買っていかれて、他のお店も回られて買っていられる方もいらっしゃいました。

 商店街でいろんなイベントをやってきましたが、ちゃんとお店にお客様が来て、他のお店にもお客様が買い回る今回のイベントは、年々イベントの運営スタッフも少なくなるなかで、手間もかからず、各店の持ち出し(値引き分の金銭負担)はあるものの、予算もあまりかからず、省エネで、集客に即つながるいいイベントだったと思います。まだまだ集客力は弱いですが、定期的にやることにより段々と認知され集客が増大すると思います。

 現在、商店街は、どこの地域でも昔ほどの元気も予算もないなか、この「100円商店街」は、有効な販促だと思いました。
 一発イベントで終わらせるにはもったいないですね。
4



2010/8/30  10:03

投稿者:内山 隆司

100円商店街の魔法""読みました""
一気に読みました。
 多くの商店主、学生、経営者、行政、政治家、コンサルタント、皆さんこの本は必読書ですよ""。
 この本は自分の現在を見直し、自分の今の生き方、考え方を見つめ直すに絶好の良書です。
 バカ者、若者、よそ者、が揃えば地域は生き返ると謂われています。
その見本が「新庄100円商店街」に見ることが出来ます。
 齋藤一成さんのバカさに打たれて、井上和郎、遠藤康彦、両氏が商店街を動かし今日を迎えたことが分かります。
 多くの賛同者、協力者が増え、昨年にはなんと九州まで1800kmの雪を運んでくれた矢作豊寿さん等々、凄いバカ者の皆さんが登場します。
 最後に原動力になつた齋藤さんを自由に動けるよう助けている、新庄市長、新庄市の職員に敬意を表します。
 

http://www.nb-n.co.jp/mbc/

2007/5/5  6:13

投稿者:小松 正明

NPO-AMP齋藤様 コメントありがとうございます。
なかなか月刊「商業界」を読むことができず、書き込みが遅くなりました。
大変がんばっているご様子がうかがえました。
また当商店街と違いまだまだ元気のある商店が多くあるのかな、とも思えました。
当商店街は、旧国道沿いの約500メートルの商店街で、その中でも30数店舗だけが加盟しているだけで、年々商売をしていても商店街を離脱するお店があります。最近はシャッターが下りているだけでなく、空き地になっている箇所もところどころあります。ほとんど商店街の体を成していないと言っていいぐらいです。

でも、思います。「ウチのような商店街こそ、100円商店街が有効」だと。
特に経費面で、有効だと思います。
あとパブリシティをいかに活用するか。

あとは、やはり齋藤さんのような志と熱意が必要だと実感しました。

当商店街は6月から次年度ですが、何かしらアクションが起こせたらと思います。

なかなかご返事が遅くなり申し訳ありませんでした。
今度は、私のメールアドレスにご連絡をいただければ、幸いです。以下がアドレスです。
また、齋藤様のアドレスも教えていただければありがたいのですが。

info@sake-komatsu.com

2007/4/9  20:35

投稿者:NPO-AMP齋藤です。

小松 様

月刊「商業界」、共同通信も配信記事、いかがだったでしょうか?この場をお借りしてだと失礼かと思いますが、ぜひご感想などお聞かせいただければ幸いです。

2007/4/2  15:56

投稿者:小松 正明

NPO-AMP齋藤様 コメントありがとうございます。

>共同通信から配信を受けてる新聞社ってないですか?

「新潟日報」になります。

4月7日以降、注意してみます。

>4月1日発売の月刊「商業界」5月号でも、新庄100円商店街の特集が組まれております。

「商業界」は、商店街事務所で取っていますので、今度見てみます。

齋藤さんの楽しそうなご様子で、励みになります。
やはり、楽しみながら取り組むに限ると最近思っています。
是非、見習いたいと思っています。

2007/3/30  19:10

投稿者:NPO-AMP齋藤です。

ちょっとお知らせ。

小松さんの地元で、共同通信から配信を受けてる新聞社ってないですか?
山形だったら、山形新聞なんですけど。
4月7日以降に、新庄の100円商店街が、全国の地方紙ブロック紙あわせて約40紙で紹介されます。
また、4月1日発売の月刊「商業界」5月号でも、新庄100円商店街の特集が組まれております。

なんて、冷静風に書いてますけど、齋藤自身もメチャクチャ楽しみなんですよ〜!
小松さんも、ぜひご覧くださいね。

2007/3/29  6:12

投稿者:小松 正明

NPO-AMP齋藤様 コメントありがとうございます。

私もおっしゃる通りだと思います。
やはり「100円商店街」でないと意味がないと思います。

>消費者の感覚は、「どうせ何もなくて、つまらない商店街。100円ぐらいだったら使ってもイイか。」程度です。

そうですね。厳しい現状認識が必要ですね。

>この意見そのものが、商店街の衰退をモロに現していることをお分かりでしょうか?100円でなくワンコイン(500円とか)商店街がいいというのはなぜか?答えは単純です。その方々は、楽をしたいだけなのです。

痛い話ですが、おっしゃるとおりです。
 私自身、現在、商店街を再生させる特効薬はないと思っております。継続的な地道な努力で消費者に信用を得ていくしかないと思います。

>一度直接お会いして、詳しくお話したいものですね。

ありがとうございます。ちょうど年度末で次年度の事業を検討中だと思いますので、商店街に提案してみます。その折は宜しくお願いいたします。



2007/3/28  0:32

投稿者:NPO-AMP齋藤です。

当商店街でも最初のころ「100円で売るものがない。」という声が聞かれました。そしてその結果「500円では?」「1000円では?」という声があがりました。

ここで、もう一度考えてみてください。郊外の大型店に対抗し、中心市街地を活性化する為に100円商店街をやっているワケですよね?500円or1000円では、結局郊外店と、また同じ土俵で勝負することにはなりませんか?デパートの500円コーナーと、商店街の500円コーナーでは、消費者はどちらに魅力を感じるでしょうか?

正直に申し上げますと、全国的に衰退している商店街では、100円商品でしか勝負できない状況になってきているのです。消費者の感覚は、「どうせ何もなくて、つまらない商店街。100円ぐらいだったら使ってもイイか。」程度です。500円の買い物を真っ直ぐに求めたら、恐らく拒否されるでしょう。厳しいことを申し上げるようで、大変恐縮ですが、この場での希望的楽観的観測は良い結果を生まないように感じます。

100円商店街を実施できた場所では、500円商店街でも1000円商店街でも実施可能です。しかし、一度、500円、1000円をやってしまったら、恐らく100円には戻って来れなくなりますよ。

>他の意見では、100円でなくワンコイン(500円とか)商店街がいいというのも出ていました。

もう一つ、感じたことを。この意見そのものが、商店街の衰退をモロに現していることをお分かりでしょうか?100円でなくワンコイン(500円とか)商店街がいいというのはなぜか?答えは単純です。その方々は、楽をしたいだけなのです。

少し、小松さんの商店街の100円が心配です。変に路線が曲がってしまう前に、一度直接お会いして、詳しくお話したいものですね。

今回は、生意気なことばっか書き込みしてすみません。

2007/3/7  11:22

投稿者:小松 正明

NPO-AMP齋藤様、コメントありがとうございます。
書き込みが遅くなり申し訳ありません。
当商店街の事務に問い合わせたところ、まだアンケートを集計していないそうです。
申し訳ありません。

私自身はまた行ないたいと思いますが、他の意見では、100円でなくワンコイン(500円とか)商店街がいいというのも出ていました。
私は、100円でないと意味がないように思えますが‥。どうなんでしょう?

ちょっと元気がない商店街で申し訳ありません。
またご連絡お待ちしております。

2007/3/3  21:06

投稿者:NPO-AMP齋藤です。

>当商店街の場合は、まだまだ形になってないほどの「100円商店街」でしたが、加盟店へのアンケートを実施し、その結果をご報告いたします。

こんばんわ。小松様、ご無沙汰しております。
この度、月刊商業界の5月号に100円商店街が掲載される運びとなりました。
貴商店街へ微力ながらお手伝いできればと思い、連絡差し上げました。
なお、3月10日開催の100円商店街には、(社)共同通信社からの取材が入っておりますので、そちらも形になればご連絡差し上げますね。

2006/12/7  6:33

投稿者:小松 正明

宇土市の中村様、コメントありがとうございます。
三条と違い、二回目もやられるとのこと。
素晴しいですね。やはり継続していくことがこの事業のカギだと思います(とまだまだ実績の少ない私が言うのも恥ずかしいかぎりですが)。

宇土市では、木曜開催なのですね。
平日開催の方が人が集まるのでしょうか?
私どもが行なった11月3日は、文化の日でもあり、また三条市の産業祭(三条は金物の町なので金物市などを行なっていました)が同時に開催されていましたので、客足がいつもより多かったです。
当地で平日にやると、客がどれだけ集まるかと思ったものですから。

宇土市の場合は平日のメリットがあるからなのだと思いますが、いかがなのでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ