かめのこうら

こうらの記録ひびの記憶

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

掲示板

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:koura
SFJ#14さん、それはスゴイ、笑
そんなカッコイイことを云って、さらに、ホントに勝っちゃったりなんかしたら惚れますね〜。
逆に、F1ドライバーがマシンのせいで勝てなかったとか云うの聞くとなんか腹が立ちますけどね。
F4#14の今回は、ちょっと無理しちゃったかな?って感じでしたが、それでも良い走りをしてました。
FJの練習のようには行かないのでしょうが、もっと沢山走る時間があったら、もっと速くなったろうに、と残念に思わずにはいられません。尤も、限られた時間のなかでキッチリ結果を出せなければ、上に上がっても難しいことに変わりはないんでしょうが。
鈴鹿のFJは、バトルというより喧嘩のようでした、この中で関東勢がどんな走りをするのか、とても観たくなりました。困ったです、笑
投稿者:SFJ#14
「遅いマシンでも勝ちます」と答えられたらカッコいいんですけどね。
投稿者:koura
おやまだ選手、お疲れさまです。久し振り?のもてぎ表彰台おめでとうございます♪
見てるだけの自分が書いたものを、実際に走って戦ってきたドライバーに読まれてしまうというのは冷や汗ものですね、勝手なことばかり書いて恐縮です、笑
速いマシン、ってどんなものなんでしょうね。正解はイエスの他に無いだろうから、どんな答えかたをするかで判断をしたい、ってことなんでしょうか。自分らしい答が見つかったとき、きっと本当に納得のゆく走りが出来る強いドライバーになっているのでしょうね。楽しみにしています。
筑波の最終戦を見られなかったことを、暫くは残念に思っていました。今回のもてぎで、トップ争いをする皆さんを見ていて、筑波は見なくても良かったのだと納得しました。チカラの拮抗したドライバーが競うとき、勝敗はもう時の運に近いものになります。少々の運が無くても勝てる、強いドライバーになって欲しいと思います。
日本一決定戦、頑張って下さい。

投稿者:おやまだ
本当に勝つことは難しいと思います。勝ったときは分かりませんが、負けた時にそれがわかります。最近ある面接でこんな質問がありました。「早いマシンに乗ったら勝てますか」?もちろん答えは「はい」ですが、面接された質問の中で一番心に残りなおかつ一番自分らしくない答えをしたとおもいました。自分に勝つこと、勝てる自分を作ること。この言葉は一生忘れません。
投稿者:koura
これはSFJ#14さん、こんな零細ブログまでお越し頂き恐縮です、2年連続チャンピオン獲得おめでとうございます。
昨年のもてぎFJシリーズを知っていて、最終戦のハードウェットの中の豪快気迫の走りを見たならば、SFJ#14さんが才能に甘えずに、常にたゆまぬ努力を続けていらしたことは判ります。確かに今年は幾つかのカテゴリーのマシンを乗り換え、その一つひとつに納得の行く成果を上げたというには苦しいものがあるかとは思います。それでもしっかりチャンピオンですから。才能もそれを活かせる経験と技術あってこそです。
彼になぞらえて語るなら、無用のリスクを払ってまでバトルやオーバーテイクをする必要はない、ということでしょう。それは、守るべきモノを持つ大人な判断です。充分な経験と技術、適切な判断力があれば、選択肢として適正であると思います。
先日のもてぎ、正直なところ、それだけ粘ってもそりゃ抜けないなと思いはしました。それでもトライを試みる、一歩間違えば無謀ともいえるチャレンジを、こんな風に試して失敗を繰り返し、少しづつ経験を積み重ねる。それは、
切替さんから受け継がれた熟成の出来た最速マシンに乗せられて、ただ速いだけの彼が、自分に自信を持つためには必要なのだと思います。#8を乗り越えなければ強くはなれないと。
10月の岡山遠征、あのマシンにあのメットはちょっと半信半疑でしたが、やはり敵情視察でしょうか、頭が下がります。日本一決定戦には参戦されるのでしょうか、頑張って下さい。
今年は応援したいドライバーが多くて困ります、笑
投稿者:SFJ#14
初めまして、SFJ#14です。
とても考えさせられる内容ですね。

私の場合、才能も圧倒的な速さも強さもなく、練習量だけでなんとか時々勝つこともできました。
その練習も今年はサーキットのスケジュールが合わず、SFJはシェイクダウンの時と、レースウィーク(土曜日入り)しか走れませんでした。
今回のレースでは、ロガーで確認すると、トップタイムを出した前日の走行よりも、全てのコーナーでブレーキがかなり甘くなっていました。
自分では攻めていたつもりだったのですが、「2位でもチャンピオン」と無意識に守りに入っていたようです。
弱いですねぇ。不断の努力を怠った結果です。

ところで、「才能もセンスも、必要なときに発揮出来なければ、宝の持ち腐れ」ときっと「彼」のことを述べられているのかと勝手に推測しますが、才能のないものからすると、たとえ持ち腐れでも才能があったらと思う次第です。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ