ネットで山岳救助隊ニュース

2009/6/18 | 投稿者: クロちゃん

山は素晴らしい感動の出会いが待っている。四季を通して色んな顔を見せて訪れた者を魅了する。
人によって受け止め方は違うが真実である。
しかし、そう良いことばかりじゃないのが現実である。

果たしてどうだろうか。
甘い言葉に乗せられて憧れだけで行って思わぬ落とし穴が待っていることだってある。

喜びと感動を掴むために最低限の知識を身に付けてから山に向かおう。
埼玉県警山岳救助隊ニュースにはそんな知識に役立つ情報が掲載されています。

事故の情報は興味本位の野次馬根性で見ないで自分の知識として役立てて欲しい。

クリックすると元のサイズで表示します


☆山の事故でちょっと気になるキーワード
勝手に想像の独断と偏見で無責任に書いています。(参考にならない天邪鬼的考えです。)

●60歳以上
… 山は中高年が圧倒的に多い。従って事故の遭遇も60歳以上が多くなっているのでしょう。
●道迷い・滑落
… 思い込みでケモノ道に踏み込むとその先に滑落が待っています。ちょっとした油断が招くような気がします。危ない場所だと注意力も高まって意外と事故は少ないと感じるのは私だけでしょうか。
●経験5年未満の初心者
●単独登山
… この2つは組み合わせて考えると理解できます。経験が浅いと危険回避ができない場合があるでしょう。
そして、単独の場合に危険に向かって無理して進んだ結果でしょう。
山では単独登山者を多く見かけます。私も単独が結構あります。
しかし、単独の場合、「事前に情報を調べる」「無理をしない」など結構慎重に行動するものです。

事故の例でも、これだけ多くの単独登山者がいるのに、単独よりグループに多いのが何となく頷けます。山はグループでも各自が単独と思って自己責任で楽しむもの、そして、その感動・喜びを共有するのがグループじゃないでしょうか。

「単」に「単独」が好ましくないとは言い切れないです。でも、馴れない初心者の方は経験者と一緒というのが鉄則でしょう。

ちょっとした油断、ちょっとした判断ミスで、楽しいはずの山が悲しみに変わる。
本格的な夏山シーズンを前に自分を見つめ直すのも良いでしょう。

ネットで埼玉県警山岳救助隊ニュースを見ながら思った。


「あら、クロちゃんその腕どうしたの?」
「喜び楽しんだ証しの勲章です。」(-"-;)

私の腕は優しくブヨにキスされて未だに赤く腫れ上がっている。



ブログセンター 山の話題  blogram投票ボタン
2



2009/6/19  7:30

投稿者:クロちゃん

蚊は2日、ブヨで1週間…。(^^ゞ
◇恵那爺さん、おはようございます♪

前から山をやっている人と、最近始めた人との差が歴然と現われるのが中高年ですね。
ベテランは色んな経験から自分を知って無理せずに楽しんでいるようです。
年齢もそうですが、もうすぐ下山口のところで意外と事故が発生しているのも、安堵感と頭で考えているより体が疲労しているからでしょう。

山は虫対策も大切ですね。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/6/19  7:24

投稿者:クロちゃん

比例の法則です。(*^_^*)
◇B・Yさん、おはようございます♪

山で会う人は圧倒的に中高年の花です。それと単独の方が多いのも現実です。
鈍行のハイカーを急行で追い抜いて行く若い人を見かけるとやっぱり違うなぁと感心してしまいます。

分母から分子が圧倒的に中高年ですから、事故の率は必然的にそうなりますね。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/6/19  7:16

投稿者:クロちゃん

自分のレベルを知ることですね。ヽ(^o^)ρ
◇まぁくん、おはようございます♪

背伸びした先は危険が待っています。
自分を知って自分に合った山選びで安全に楽しみましょう。(^^)/
あこがれと現実にギャップがありますが…。(*^_^*)


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/6/19  6:33

投稿者:恵那爺

60歳以上 だんだん思い込みが多くなり、周りが見えなくなりますね ・・・自戒です。
回復力もだんだん悪くなるので、何か有るとどうしても事故につながり安いんでしょうね

ブヨですか
痛ガユイでしょうね
お大事に

http://enaji.ameblo.jp/

2009/6/19  1:19

投稿者:B・Y

こんばんは♪
山での事故はときどきニュースになりますが、やっぱり中高年の方が多いですよね。そもそも行く人の分母に中高年が多いから仕方ないのだと思いますが。

安全に山を楽しみたいですね♪

http://blogs.yahoo.co.jp/nttqm533

2009/6/18  20:17

投稿者:まぁくん。

>クロちゃん☆
確かに山での滑落や遭難は自己責任ではすまないですからね。
まずは、自分のレベルに合わせて安全第一で楽しむのが基本じゃあないでしょうか?

2009/6/18  19:21

投稿者:クロちゃん

初心忘れずべからずですね。
◇みじんこさん、こんばんは♪

ちょっとした油断、体力・気力が弱まった時が一番危ない時間ですね。
自分だけでなく、周りの人にも迷惑・心配をかけて、最悪の不幸な出来事に遭ったらたまりません。
そうならないために、日頃から知識の吸収、体力維持を心がけましょう。
道を踏み外しそうになったときこそ、初心に返る気持ちが大切ですね。
貴重なコメントありがとうございます。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/6/18  19:19

投稿者:クロちゃん

いつも真面目ですよ〜。(^<^)
◇あっこさん、こんばんは♪

休んで地図を見て現在地の確認。それって基本です。
山の尾根道の分岐でちょっと間違えると大きく目的地を外れてとんでもない場所にってこともあり得ます。
それで戻ろうとしても時間がない時なんてパニックになってしまいます。
高尾で遭難は私もあり得そうです。(^<^)
何せ、自慢できるくらいの方向音痴です。右が東で左が西、正面は北で後ろは南といつも思ってしまいます。(^○^)/

秩父の羊山で遭難だけはしたくないですね。武甲山に笑われてしまいます。
慎重にゆっくりと山を楽しみましょう。(^^)/

以上、いつも通りの真面目なコメントでした。(^<^)


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/6/18  19:18

投稿者:クロちゃん

「どうして此処で?」という場所があります。
◇hijikiさん、こんばんは♪

秩父も奥多摩でも、身近な山で事故が発生しています。
「ええーっ、どうしてこんなところで!」と思うことがあります。
山岳救助隊の皆さんには感謝です。街で学んで、山ではお世話にならないように気をつけましょう。(^<^)
団体の場合、先頭と最後尾にリーダーを置いて、一番弱い人にペースを合わせるのが基本です。
分かっていても、なかなか難しいです。
楽しく笑って健康づくりに山を歩きたいものです。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/6/18  19:16

投稿者:クロちゃん

早めの行動は基本ですね。
◇びーちゃん、こんばんは♪

経験から学んだ情報をありがとうございます。
早めの行動に心の余裕も生まれますね。
それと、目的の場所に着かなかったり悪天候の時に引き返す勇気でしょうか。
良く「山は逃げない」と言いますが、その日の体調とかもあります。
無理しないで安全に楽しくが一番ですね。
年齢とともに、頭で思っているより体が動かなくなります。
己を知って教訓としましょう。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ