山道の独り言

2006/7/30 | 投稿者: クロちゃん

 和名倉沢を巻き、上流へと導く山道は古(いにしえ)の杣人達の匂いがする道だった。
炭焼きの跡。石積み。山の神の祠。ワイヤーが残された伐採の搬出跡。かつて、大規模な伐採が行われたのだろう。私には知る由もない。
今は植林が奥地までされて静かに息づいている。個人的には自然林が残っていて欲しいものだと思うが、時代の流れで仕方あるまい。何時の日にか自然林に還って欲しいと思うな。

和名倉沢には、三峰観光道路と雲取林道の分岐手前、入渓者に注意を呼びかける看板のある処から大洞川へ下る。大洞川本流に架かる吊り橋で対岸へ渡れば容易に辿り着ける。

ここから木橋を渡り、植林地の九十九折を登る道を辿った。
作業小屋までがきつい登りであったが、ここから先はルンルン気分である。汗も引っ込んでスタスタ歩いたよ。

植林地が終わると、和名倉沢が近付く。奥秩父本来の原生の中を滝が連なって流れ下る。水量は多い……な。
山道の終点は、苔むした源流の様相で岩魚が静かに暮らすのに適した渓相だ。でも、ここまで結構入渓者がいるようで、ゴミはそれなりにある。
どうしてゴミを平然と捨てるんだ。(止めておこう……。)
鬱蒼とした雑木の中で暗い感じはするが、天然クーラーが効いて心地好い。

さて、今回はその先の大滝を目指したのだったが、事前の情報、準備不足で撤退を余儀なくされた。沢筋を登山靴じゃ危険が危なすぎるってーの。
目的の大滝を直前にしてあえなく撤退でした。
しばらくこの場に留(とど)まろうとしたら大粒の雨……。
タープでも持ってくれば良かったな。

それにしても、自然の生物達が多いな。季節外れ?の「おたまじゃくし」蛇は行き帰りに遭ってしまうし、気付かずに蜂の巣に近付いて刺されるわ、最後は猿だよ。でかい猿だったな。

やっぱり山の中にいるのはいいな。夏でも涼しいもんな。

下界に戻れば蒸し暑い夏だった。

クリックすると元のサイズで表示します

HPの個人山行に「奥秩父・和名倉沢上流への山道」の記事を記載
0



2006/7/31  6:58

投稿者:クロちゃん

やっぱりキヨちゃんは知っていましたね。あれ?前に情報聞いていましたか?
奥の大滝に辿り着くには渓流シューズが必要でした。(^<^)
作業小屋の水は少量ながら利用できる量です。しかし、おたまじゃくしがウヨウヨ居て使う気持ちになれません。

2006/7/30  17:22

投稿者:キヨちゃん

和名倉沢の入り口、覚えていたんですね。
その奥の大滝を目指して行ったんですか。
昨日は、作業小屋の所の水は‘なから’涌いていたんですか? 私が行った時は、ちょっと・・・といった感じでした。使われていないと「こんなふうにねぇ」という記憶です。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ