甲州高尾山・棚横手山

2016/11/28 | 投稿者: クロちゃん

山梨県にある甲州高尾山を歩いた記録です。
大滝不動尊の駐車場に車を止めて、グルリ周回作戦でスタートです。
こちら、トイレもある嬉しいスタート地点だ。
まずは、舗装された道を「シャードウジャー」と、宮宕山登り口に向かった。

林道から白い富士山の頭が見えてテンションアップで急坂を登る。
ほい、剣ケ峰(宮宕山)、続いての山頂が甲州高尾山だ。
「えっ、もう山頂なの?」「早すぎ〜。」あまりにあっけなく山頂に着いたメンバーは拍子ぬけの表情でした。

クリックすると元のサイズで表示します


見渡す山々は白いベールがまとわりつくように神々しい光景でした。
もうちょっと時間が早かったら雲海が広がっていたでしょう。これも運かい。

クリックすると元のサイズで表示します


南アルプス方面の眺めも「最高に美味しい」と言わせてあげる。
このコース、富士山を右にずっと見て歩いていますが、逆光仮面で写真が撮りづらい。

クリックすると元のサイズで表示します


甲州高尾山・棚横手山は、過去4度の大規模な山火事がありました。皮肉にも、火事の影響で展望が良い山となっています。
稜線歩きも気持ち良い!d(-。∂)good!!

クリックすると元のサイズで表示します


危険箇所もなくファミリーにも親しまれると感じる、こんな素敵な山なのに出会った人は2グループだけでした。
振り返って、ススキと背景に白くうっすらの景色♪

クリックすると元のサイズで表示します


富士見台でまったりとコーヒータイムして、これから向かう棚横手山方面にしゃがみこんでジッとカメラを構えている姿を発見!
あそこに何かありそうだ。同じ道を辿って、先ほどの姿の場所に着いてキョロキョロすると、可憐なリンドウが咲いていました。

クリックすると元のサイズで表示します


ここはカメラのシャッターを押すでしょう。
富士山もだんだんと姿を現して来ました。やっぱり富士山が見えると嬉しいです。

クリックすると元のサイズで表示します


逆光の富士山に立ち向かうポーズはこんな姿になります。

クリックすると元のサイズで表示します


小春日和の棚横手山は昼寝したくなるような空間でした。
はい、逆光でシルエットになった証拠写真♪

クリックすると元のサイズで表示します


いったん分岐まで戻って、ずっと一緒だった富士山を見納めして大滝不動尊に下ります。
途中、大滝の全景が眺められる場所がありますが、水量が少なく迫力はありませんでした。
でも、こんな山の上にデッカイ滝があるなんて、自然はなんて素晴らしいのでしょう。

クリックすると元のサイズで表示します


この日は、天気に恵まれた小春日和の山歩きでした。

山歩日2016年11月13日
杣みちの会3名
コース
大滝不動尊駐車場9:15…車道テクテク…9:50登り口…10:00剣ケ峰…10:10甲州高尾山…11:00富士見台…11:45棚横手山(昼食)12:30…12:50分岐…13:15展望台…13:40大滝不動尊駐車場




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
14



2016/12/2  16:31

投稿者:クロちゃん

奥が深ーいですね。
◇analogさん、こんばんは♪

不動明王と滝と龍はつながっているんですか。
右手と左手をつないでなかよし〜。
手と手を合わせて、しあわせ〜。
>阿弥陀如来様の化身が観世音様…。
うーん、だんだんこんがらがって来ました。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2016/12/2  16:25

投稿者:クロちゃん

小春日和の日でした。
◇あっつぁんさん、こんばんは♪

この日の天気は最高で景色もよかったです。
冬は雪のない山歩きをします。
雪山は眺めるだけー。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2016/12/2  16:23

投稿者:クロちゃん

山の上に大きな景観です。
◇恵那爺さん、こんばんは♪

こんな山の上に水が流れ落ちる滝があるなんて、なんだか不思議の国のアリスでした。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2016/11/28  21:43

投稿者:analog

クロちゃん、おこんばんは^^

赤いお堂に不動明王様♪
不動明王様と滝(龍)は切っても切れない縁で
結ばれています^^
不動明王様の中で一番知られているのは何と言っても
成田不動明王様ですね。
私の親になって下さっている中山不動明王様は
成田不動明王様の近しい親類にあたるそうです。
不動明王様と観世音菩薩様と地蔵菩薩様はそれぞれ
いろいろなお姿をされて居る仏様。
他の仏様はそうではありません。
例えばお薬師様は1つの仏様ですけど
観世音様は聖観世音様、十一面観世音様、馬頭観音様など
いろいろな観世音様が居られます。
また、阿弥陀如来様の化身が観世音様となってます。
如来(仏様)が人間と同じく修行中のお姿(菩薩)に
慈悲のお心でなられてるのです。  ^^b

2016/11/28  14:40

投稿者:あっつぁん

クロちゃんさぁん、こんにちは〜
気持ち良さそうな登山道ですね
晴天にも恵まれましたね

徐々に冬になり、雪山も登るんですか?
(*^-^*)



http://blog.goo.ne.jp/roro569/

2016/11/28  5:34

投稿者:恵那爺

静かな山歩きでしたね。
結構落差のある滝で下の不動尊の建物が入って良い雰囲気になっています。

http://ameblo.jp/enaji/

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ