棒の折山

2018/12/26 | 投稿者: クロちゃん

2006年7月2日午前7時00分集合
交通手段 マイカー分乗
参加者  会長、キイくん、ダイちゃん、ニシさん、アオちゃん、アネゴさん、テルちゃん、エイさん、サッちゃん、キヨちゃん、キイちゃん、チーちゃん、スミちゃん、シイちゃん、イワちゃん、ナカちゃん、クロちゃん  計17名

 暑い……。下界は本当に暑かった。こんな暑い中、今日の山行はどうなることやら……。
出発前の正直な感想です。私は歩き始める前から汗が滲んでいた。準備体操で汗が流れ落ちた。
さて、出発です。

集合場所でミーティングです。
「えー、行先は棒の折山です。」(解ってます。)
「白谷沢のゴルジュは素晴らしい。カジカ蛙の声が聞こえます。アジサイが咲いてます。ギンリョウソウが咲いてます。以上。」

クリックすると元のサイズで表示します


3台に分乗して出発しました。

天気情報は降水確率20%で心配なしと高をくくっていた。そうです。当会の山行は降られないんですゥ。

今日も楽しく行こうぜぇー。

河又の駐車場から、しばらくは車道歩きです。蒸し暑く、汗がポタポタ落ちました。
有馬ダムは水が少なく、露出した山肌が悲哀に見えます。そういえば、数日前の新聞にブラックバス9万匹捕獲とかあったな。水が少ないのはその影響なのかもしれない。

クリックすると元のサイズで表示します


白谷の泉で咽喉を潤しいよいよ登山道に突入です。ちょっと薄暗い植林地の中を登る。結構な坂道である。左手に沢が流れ、この先のゴルジュ帯に期待が高まった。

クリックすると元のサイズで表示します


「ホー、ホケキョ……。」
あれー、カジカ蛙の声は聞こえないぞ。あっそうか、ここのカジカ蛙は「ホー、ホケキョ」と鳴くのかな?
『んな訳、ないだろ!』

クリックすると元のサイズで表示します


本日の核心部である白谷沢のゴルジュ帯は、今までの蒸し暑さがウソのように涼しい。遠目には、ちょっと危険に見えるが良く整備されていて難なく通過することができた。
みんな、夏の涼に、自然の景観に大喜びです。(喜びすぎて転ぶなよ。)

白谷沢を遡りつめて、階段を登れば林道が横切っていた。ここには「キイチ&チヅコ」(じゃない)キイチゴがいっぱいあった。口にすると酸っぱいが旨い。
熟したものは更に旨い。
「やっぱり熟したものが何でも旨いなあ。」
(なんのこっちゃ……。)
自然からの贈り物にしばしの休憩とした。

岩茸石からは階段地獄が待っていました。おまけに霧が出てきて幽玄の装いです。幽玄の中に咲く「ギンリョウソウ」がこの場の雰囲気を一層惹きたてて、この場に相応しくまた美しい。

クリックすると元のサイズで表示します


権次入峠で一服したあと、最後のツメです。山頂への辿りし道も長い階段が設置されていました。
「あと少し、ほらそこだ。山頂が見える。」

クリックすると元のサイズで表示します


久しぶりに手応えのある山です。おまけに蒸し暑く、水分補給が重要です。

階段状を歩くのは結構きついんです。階段を避けて歩きました。私は休憩の都度、汗を拭いたタオルを絞った。
この暑さに負けて、遂に長袖シャツを脱ぎました。下に着ていたTシャツは鮮やかな黄色で他の人の注目をあびたのは言うまでもありません。
山は目立つ服装がいいんだよ。だって、遭難したとき見つけ易いでしょ。言い訳をする私がそこにいた。

「クロちゃん、それって汗……。??」
タオルを絞ると汗が滴り落ちた。「ポタポタ」なんて可愛いものじゃない。「ジャーッ」なのである。
全身汗ビショになった私は、少しは痩せられたかもと思ったが、前日のアルコールが汗になって出ただけのようで温泉の体重計に乗ったとき、期待は見事に裏切られていた。

山頂到着。みんな笑顔で健闘を称え合いました。周囲は乳白色と化して展望が得られなかったことだけが残念です。

クリックすると元のサイズで表示します


さて、忙しい回転昼食会です。ビールにショーチュー、ブランデーだ。皆さんの自慢の料理がこれまた旨い。
招かざる雨が少し降り出しましたが、雨具を使用するほどではありません。雨なんか気にしてたら食べられないぞ。


ハイ、証拠写真です。みんな、がんばったね。

クリックすると元のサイズで表示します


下山にとったコースは、単調の降りで結構疲れる。木の根っこに気を使い、急な尾根道を進みました。全身汗ビショになり下山。早くさっぱりしたい気持ちで「さわらびの湯」に飛び込んだ。

白谷の泉
クリックすると元のサイズで表示します


キイチゴ
クリックすると元のサイズで表示します


ギンリョウソウ
クリックすると元のサイズで表示します


岩茸石の上にダイブツ様?
クリックすると元のサイズで表示します



過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ