立山夏の想い出

2018/12/27 | 投稿者: クロちゃん

その2 雄山〜大汝山
2006年8月19〜20日午前5時00分集合
交通手段 マイクロバス
参加者  会長、キイくん、アオちゃん、アネゴさん、エイさん、ミサちゃん、       スミちゃん、エミちゃん、シイちゃん、ゼンちゃん、クロちゃん  計11名

 朝、4時前からガヤガヤと騒々しい声に目が覚める。いくらなんでも、こんな早い時間から大声で喋らないで欲しいな。
人の迷惑なんて考えない人達だろう。自分のことは棚に上げて言います。もう少し、他人への配慮をしてください。

もう一度寝ようとしたが、寝られなかった。こちらも5時前から起き出し、ドタバタとトイレに続く階段を降りる。
他人の迷惑顧みず。先ほどの発言がそのまま自分に返ってきています。
「…………。」少し反省……。

クリックすると元のサイズで表示します


山荘の外に出れば、下界の雲海が見えました。高い山に来ていることを実感します。
洗顔、片付けを終えると何もすることがなくなった。出発準備はOKなのです。あとは、朝飯食って出掛けるだけです。
「おはよう!」
みんな笑顔で起きてきます。気合充分のようです。そんな中でアオちゃんだけは静かだった。どうやら、同室の我々の豪快なイビキとハギシリ、寝言の連発であまり寝られなかったようだ。
「早く寝たもの勝ちなのですよ。」
これも、山の経験から来る教訓なのです。もっとも、私は委細かまわずどこでも寝ますが……。このズブトイ神経が翌日の活力の源なのです。(エヘン!)

よく寝て、よく食って、「ガハハ」と笑って体操して、出発は6時30分でした。雄山の頂はすぐ辿り着けるような錯覚を覚えます。しかし、世の中そんなに甘くない。石ガラガラの急坂を登りました。
山荘に荷を預かっていただいて、男性陣のほとんどが空身です。女性陣は慎重にザックを背負っています。なんだか女性に荷物を持たせて、男性は楽しているようですが、実はそうなのです。

良く晴れた澄みきった青空の下、黙々と登りました。「黙々……?」そんな訳ないですよね。
途中、ヘリコプターが忙しく飛び回っているのが見えました。
「アオちゃん、迎えにきたよー。」
「……。」
あれ?いつものユーモアたっぷりの返事がない。寝不足が相当応えているのかな?

クリックすると元のサイズで表示します


1時間ちょっとで雄山の頂上に着きました。当会にしては良いペースです。ここから見る景色は絶景でした。感激、感動、どんな言葉でも表せないほど素晴らしい場所でした。3000メートル級の山ならではの素晴らしさです。そして、この天気、もう言葉はありません。

ところで、「忘却曲線」という言葉を知っていますか?時間と共に忘れていく部分が多いのです。感動も時間と共に薄れていくものなのです。特に、当会のメンバーは3歩進むと忘れてしまうというくらい忘却曲線が鋭角になっているようです。
そんな方に、感動の画像送りますね。この写真を見て思い出してください。

雄山の奥宮でおごそかな儀式のあと、大汝山へ向いました。標高3015メートル。立山の最高峰です。我先にと頂上を目指しました。もう皆、子供状態です。笑顔、笑顔です。北アルプスは想像を超えた感動でした。
もう、言葉はいりません。画像で紹介します。

End.


絵葉書のようねって誰かが言いました。同感です。
クリックすると元のサイズで表示します


室堂周辺の景色も素晴らしい。
クリックすると元のサイズで表示します


ガラガラなのです。落石注意。
クリックすると元のサイズで表示します


大汝山へ向います。
クリックすると元のサイズで表示します


この笑顔、もうみんな無邪気な子供です。
クリックすると元のサイズで表示します


3000メートルの地点にいるのです。
クリックすると元のサイズで表示します


人はみな同じ場所を見つめます。
クリックすると元のサイズで表示します


後ろからそっと近付き、その後……。
クリックすると元のサイズで表示します


満足感と達成感。そして伝説へ……。
クリックすると元のサイズで表示します


過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ