柳小屋W

2019/1/15 | 投稿者: クロちゃん

2005年9月3〜4日

夢を実現 遥かなる旅路

当HPをご覧いただいた、幸四郎さんから柳小屋の情報について教えて欲しい。できれば案内して欲しいとBBSに書込みがあったのが7月の末だった。その書込みを見た当会のメンバーから、「幸四郎ってだれ?クロちゃんのお友達?」「クロちゃん、何か隠しているんでしょ!」などと反響が寄せられた。

快く了解したものの、夏は色々と休日のスケジュールが多く、とりあえず空いている休日を連絡して日程を決めてもらうことにした。
9月3〜4日の希望に改めて了解した。その後、あれこれメールでやり取りして、打ち合わせを進める。幸四郎さんはブラザースで柳小屋初挑戦するということで、こちらもキイくんを同行者に予定したが、キイくんの足の状態は完全でなく諦めることとなった。本質的に人見知りの私は外交的なキイくんの力を頼ったのだがそれは叶わず、少々不安を抱えての柳小屋釣行となった。

当日の朝、待ち合わせの大滝温泉に車を走らせる。幸四郎ブラザースは前日に大滝入りしている。約束の時刻を前に大滝温泉に到着したが、先程から腹の調子が悪い。いや、腹の調子が良いのかトイレが忙しくなっていた。大滝温泉前に幸四郎ブラザースのものと思える車が駐車していたが、その前に用を済ませなければと急ぎトイレに駆け込んだ。
何とも言えない幸福感ですっきりしたあと、トイレから出ると幸四郎ブラザースは私の車の前に立っていた。初対面であるが、メールで何度も連絡しあっているので違和感はない。軽い挨拶を交わして入川観光釣場手前の駐車場に向う。

予想以上に入川観光釣場手前の駐車場は賑わっていたが、何とか駐車することができた。今日はだいぶ釣り人が多いらしい。

周りが白々と明るくなり始めるのを待って歩き始める。柳小屋までの行程は長い。歩き始めが肝心で、バテないようにゆっくりと歩き、何度も休憩をとった。幸四郎ブラザースは期待と不安に満ちた顔をしている。
大丈夫、歩いていれば直に柳小屋に着きます。

柳小屋までの行程5時間強で無事に到着。本日、初めての宿泊者の到着です。清冽な水の流れと澄んだ山の空気が3人を優しく出迎えてくれた。

 疲労も残っていることから一休みした後、小屋のすぐ上流より入渓する。早速、第一級のポイントに投餌するブラザース。餌はドバミミズだ。
ミミズを流したところ、驚いたのか数匹のイワナが走る。
「!!……。」「ここのイワナはミミズは食わないんですか?」
そんなこと、私だって知らない。イワナの勝手でしょ!
普通イワナが走った後は、そのポイントでは掛からないのだが……。そのポイントで20cm程度のイワナが釣れてしまう。
記念すべき柳小屋の初ヒットはブラザース(弟)だった。
「すごく、綺麗です!」
その感動ぶりに案内した私も満足感に浸った。

それから、真の沢に入り午後2時半まで釣りを楽しんだ。ブラザース(弟)は過去最大のサイズという26cmの丸々太った良型をゲットし、興奮気味だ。ブラザース(兄)は20cm以下は即リリースのナイスガイの釣りをし、大物を続けて釣り落として興奮している。何でも65cmの手応えだったとか……。

幸四郎ブラザースに喜んでいただいて、案内役として来た今回の柳小屋であったが私も心から喜びを分かち合うことができた。
さて、早めの夕食(宴)は、「イワナの蒲焼風」「イワナの天ぷら」に始まって、酒が進んだ。渓の料理人と化した私は、本日の予定通りのメニューを作り酒のつまみとした。当然、話題は渓流釣りのことで、誰もいない柳小屋を独占して大いに盛り上がることができた。

午後8時半頃、シェラフに潜り込むとあっという間に深い眠りにつき、気がつけば朝だった。幸四郎ブラザースは釣りに出掛け、私は朝酒のあと朝寝に突入。
またしても、ブラザース(弟)が29cmの泣き尺を釣り、自己の大物記録を更新。写真を撮り、そっとリリースしたそうだ。

また、幸四郎ブラザースと一緒にここへ来ることを約して柳小屋を後にした。

私の釣果?
聞かんでください。釣りのウデが悪いことで、奥秩父の自然保護に貢献していますから……。
今回の柳小屋はちょっと食いが悪かった印象である。

川虫は少ない
クリックすると元のサイズで表示します


泣き尺ゲット
クリックすると元のサイズで表示します


渓の料理
クリックすると元のサイズで表示します


昼のラーメン作り
クリックすると元のサイズで表示します


過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中




今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
1
タグ: 山釣り 奥秩父 岩魚



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ