幼い顔の大除沢

2019/1/20 | 投稿者: クロちゃん

キイくん、クロちゃん 2名

「あたいをいったい、どうちゅゆのさ?」
欲求不満の釣り人の前に幼い体を曝(さら)け出した少女は言った。
「うん、いい子だからもう少し動かないでね。ハイ、今度は横から、上から、前から、後ろから……。うーん、肌が薄いねぇ。」
幼稚体型の残る幼い少女は恥ずかしそうに体をくねらせる。欲求不満の釣り人達に写真をパチパチ撮られている。
「早く、帰してちょうだい……。」少女は哀願の目をしていた。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


写真を撮り、そっと流れに帰す。ようやく開放された少女岩魚は脱兎のごとく流れの奥に逃げて行った。
荒川支流にある大除沢は、小渓ながら自然が満喫できるその美渓に岩魚の期待が膨らむ渓である。数年前は確かに期待通りの渓だった。尺前後の良型も姿を現した。
しかし、近年入渓者が多いらしく魚影は薄くすっかり小型化したようだ。(釣れないのは私の釣りの腕前が多大に影響していると思うが……。)

大除沢には実に4年ぶりの訪渓だった。何故、この渓を敬遠していたかと言うと、「釣れない、ゴミ多し」と足の遠のく渓に化していたからだ。果たしてその後の状態はどうなのか、行ってみたくなり久しぶりに訪れた。当日は朝から雨が降り出していた。渓相は相変わらず素晴らしい。どのポイントからも岩魚が飛び出しそうな雰囲気だ。しかし、釣れない。岩魚も走らない。沈黙したままだ。渓筋には明瞭に踏み跡が残り、今も入渓者の多さを感じさせる。「ゴミは?」これは意に反して少なかった。昨今の釣り人のマナーが向上したのか4年前に比べて極端にゴミは減っているようだ。古いペットボトルの空きボトルはあったが、新しいゴミは見当たらなかった。これがせめてもの救いであった。

雨が降りしきる中を遡行したが、遊んでくれたのはカワユイ少女?岩魚だけだった。写真を撮り優しくリリースした。
釣りに関して、今年は少し自己嫌悪におちいっている。計画・選定した渓がことごとくハズレの状態が続いているからだ。欲に釣ろうとは思わないが、それでもやっぱり手ごたえのある釣りがしてみたいと感じる今日この頃である。

大除沢には荒川本流にかかる橋を渡り山道を登る
クリックすると元のサイズで表示します


小渓ながらも岩魚のポイントは続く
クリックすると元のサイズで表示します


過去の記録ですが、このブログにできるだけホームページ「山遊びの貯金箱」の記事を移行して残そう作戦敢行中





今日もアウトドアブログのアイコンをポチッと応援ありがとうございます。★(^○^)/
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
2
タグ: 山釣り 奥秩父 岩魚



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ