ダブルストックは危ない!?

2007/11/30 | 投稿者: クロちゃん

奥多摩を舞台にした「山岳救助隊日誌」を読んで感じたことである。
都内から近い、秩父からも割と近い、手軽なハイキングコースがいっぱいある奥多摩での遭難事故を取り上げたものである。

身近に聞く山の名前・コースに親近感を覚えてスラスラと読める。
そうして、この本の数々の遭難死亡事故の中で印象に残った文面のひとつがこれだ。
平成18年11月24日、同日に同じ場所で発生したダブル転落事故…。

引用すると、

『この2件の遭難事故に共通していえることは、2人とも登山経験の長い中高年の女性である。〜中略〜』
『ここで私が問題としたいのは、遭難した2人はダブルストックを使っていたということである。登りでは大きな推進力となる。しかし下りでは、相当慣れないとバランスを崩しやすい。疲れてくるとついストックに頼ってしまう。とくに急な下りや、ガレ場、岩場などでは危険が伴う。これがストックがなければ疲れていても自分の両足で下りるしかないから、ゆっくりでも慎重になる。咄嗟のときには両手も使える。賛否両論はあると思うが、私は急な下りでのダブルストックには賛成できない。』


最後の30分の急な下りで起きた1人死亡、1人予断を許さない状況の重体となった事故とある。

以前に埼玉県山岳救助隊の講習で『ストックは谷側についてはいけない。山側につきなさい。岩場ではストックは仕舞いなさい。』と教わった。

私自身、ストックを使ったことがないので、実のところ効果の程は良く分からないが、先日の茅ケ岳山行の下山時に当会のメンバーが身を以(もっ)て実践してくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

私の目の前を歩くメンバーは只一人ダブルストックを使用していた。
下りは急勾配の滑りやすい道だった。
「ズルッ、ステーン。」実に良く何度も転んだ。私の目の前で3回は転んだな…。

苦笑いしながら、「良く滑るな〜。」と感心したように言っていたが、他のメンバーに転ぶ者はいなかった。

「脚が長いから、バランスとるのが難しいよ。」
一理あります。そういうことにしておきましょう。
この本の知識があった私は、優しくさりげなく「ストックに頼っていると危ないよ。」と助言した。道は斜面から転落するような場所ではなかったので、貴重な実践を観察することにした。
これが危険な場所なら、もちろん大声で「ストックは仕舞ってくださーい。」と叫びます。

クリックすると元のサイズで表示します

確かにストックは頼りがいがあって、安心感もあるでしょう。
しかし、疲れた下山の道にはその安心感が曲者である。
ストックは馴れと正しい知識を持ってこそ、本当の威力が発揮されると思います。

もうすぐ下山口という地点で、転倒・転落事故が多いのも安堵感や安心感から来る気の緩みと、物に頼った結果ではないかと思う。
幸いにして、今回はズボンが泥だらけになっただけで済みました。
2



2007/12/2  8:37

投稿者:クロちゃん

リズムをとるために使用する補助具。
◇メッシーさん、おはようございます。
ストックはそんな効果もあるのですね。
そういえば、山で鎖場、ロープがある場所でも、「あくまで補助的として…。」と言われます。
自然の中を歩くのは自分の身体で足でということです。ストックと同じように鎖場、ロープも頼りすぎては逆に危険です。同様に立木もそうでしょうか。安心感はありますが、逆に危険もあります。
>便利な道具となるか、危険な邪魔ものとなるか、使う人次第…。
やはり、正しい使い方と馴れでしょうか。
ご使用している方の貴重なご意見、ありがとうございます。

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2007/12/2  8:25

投稿者:クロちゃん

倒木を拾い、ストックに…。
◇ショウタンさん、おはようございます。
これは名案です。倒木を拾い利用すると自然の中にいるって感じで良いですね。
今度やってみます。(^O^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2007/12/1  23:48

投稿者:メッシー

私はダブルストック派です。
登りにも下りにも使います。
私の場合、ストックは歩くリズムを良くするために使います。
それに頼って歩く事は、あまりしません。
ストックは杖ではありません。
時々下りで体重をかける事はありますが、その時はあくまでも補助的な道具です。
どんな登山道であれ、ストックを持とうが無かろうが、
急激な体重移動は危険を伴います。
あくまでも慎重に、ケースバイケースで。
便利な道具となるか、危険な邪魔ものとなるか、使う人次第ですね。

http://www.kojitusanso-blog.jp/messy/

2007/12/1  21:42

投稿者:ショウタン

私は、ストックを使ったり使わなかったりとケースバイケースです。Wは登りに時々使います
ほとんどは倒木を拾い利用する格好になりますが

http://www.syotann.com

2007/12/1  7:10

投稿者:クロちゃん

ストックは強い味方でしょうね。
◇Nonさん、おはようございます。
ストックはあくまで補助の道具と思います。
登りなどではその効果抜群と聞いています。しかし、やはりどんなに優れたものでも頼りすぎは思わぬアクシデントを招くのでしょうね。
奥多摩や秩父の低山で重大な遭難事故が起きていることを知ると、改めて気を引き締めてと思います。
それと、自分の体力・知識・技術にあった山選びが大切ですね。
お互い安全に山歩き楽しみましょう。(^O^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2007/12/1  1:03

投稿者:Non

 こんばんは、どちらかというとシングルよりダブルでストックを使うNonです。この記事は私にも参考になりました。
 「元々、Wは危険な箇所では使わない、林道など勢いをつけて歩けるところで使うもの」とショップの店員さんに話を聞いて納得していたので、滑りやすい場所や岩場などは使いませんが、やはり下りが長いと使いたくなってしまうんですよね・・・ 容易には使わないように、注意しないと。
 遭難事故のお話についても、膝痛を恐れて使うにしても、まず使えるか使えないか、使える場所ならWにするかSにするか、といった判断が最も重要だなぁとしみじみ思いました。あと、自分の脚力に適した山を選ぶことが大切ですよね。

http://www.geocities.jp/yamatrekking/

2007/11/30  20:35

投稿者:クロちゃん

下山は登りより危険ですね。
◇まぁくん、こんばんは♪
降りは、登りより恐怖心があります。その恐怖心をストックが安心感に変えて、それが災いするということでしょう。
急な下り坂は慎重に、気をつけて山を楽しみましょう。(^O^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2007/11/30  20:28

投稿者:クロちゃん

日本の山はストックが有効な山は少ないかと…。
◇びーちゃん、こんばんは♪
ヨーロッパなどではストックを使用してスポーツ感覚で登山を楽しんでいるようです。
日本の山、特に整備されていないマイナーコースでは逆に危険になるのです。
私も、ストック持ったら山に忘れて来ますね。(^_^)
第一、天狗の如く舞い降れません。(^<^)
もうしばらくは、ストックに頼らずに山に行けそうです。お互い、ストックなしで頑張りましょう。

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2007/11/30  20:22

投稿者:クロちゃん

雪にストックは絶大の威力ですね。
◇あぶさん、こんばんは♪
私も数年前に、トレースのない膝上ほどの雪の斜面を登ったことがあります。交代で先頭歩きましたが、先頭は大変です。
この時、同行者がストックを持っていて使いましたが、ありがたみが分かりました。
岩場のストックは危険ですね。
数年前の雲取山でも岩場でストック使用して転落事故を起こしたと聞いています。
正しい使い方を知って、安全につながると思います。何かと役には立ちますが…。

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2007/11/30  20:08

投稿者:まぁくん。

確かにストック使ってるのは中高年の女性が多いですね。 ダブルストックは両手がふさがるわけですから。下山では確かに危ないかも。参考になりました。http://blog.m.livedoor.jp/masapee777/?blog_id=1464084

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ