小天狗の遊び場・群遊記(第二話)

2009/4/15 | 投稿者: クロちゃん

この記録は西遊記をもじって群遊記と名付けました。すると、“天邪鬼風”孫悟空の誕生です。いかにも私らしい題名です。
そう、いつものように自分で自分を誉めています。
いくつもの難関を越え、最後に呆けるような天竺に到達しました。

クリックすると元のサイズで表示します


第一話はこちらから→甘い誘い・群遊記(第一話)

西遊記といえば妖怪です。群遊記にも妖怪が待ち受けていました。
その中で妖怪「とおせんぼう」が一番の難敵だったでしょうか。
幾多の試練を乗り越えてユートピアにたどり着きました。
このお話は少々大袈裟に表現していますが、天邪鬼の私が感じたすべて真実の物語です。

さて、坂を登りきると「天狗の広場」という場所に出ました。
此処にはポストが置いてあります。
これは…。
手紙を出すと鬼太郎さんに届くかもしれません。残念ながら紙もペンも持っていませんでした。

クリックすると元のサイズで表示します


左に進むと小天狗とありました。その先に不動岩と書かれています。
はい、ポケットから地図を取り出して進むコースを吟味しました。
迷わず小天狗へと進みます。ここにも「岩登り禁止」の看板がありました。
そして、郵便受けが設置されていました。興味津々、中を覗くと登山ノートが入っていました。もちろん「クロちゃん参上」と書きました。ボールペンもあるんですね。親切な郵便受けです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ここからは見晴しが良いです。でも、この日は妖怪「かすみ景色」が邪魔をしていました。
うーむ。「クロちゃん参上」は妖怪達に挑戦状にとられたでしょうか。
さっさと降参して不動岩に進みました。

クリックすると元のサイズで表示します


不動岩直下で…。
妖怪「垂直くさり岩」が立ちはだかりました。高所恐怖症ゆえすぐ降参してしまいました。
だって、「岩登り禁止」とありますからね。

クリックすると元のサイズで表示します


こうして最初の妖怪達を次々と退治して最大の難関に向いました。天邪鬼は強いのです。
途中、「出たな妖怪!退治してくれるわ〜。」こんなところに隠れていたのかぁ。

クリックすると元のサイズで表示します


あれ?よく見れば自分でありました。こんな場所を通過しないとならないのか。


この地図をご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示します

天狗の広場から中天狗を目指しました。十字路の交差点です。しかも、どの方向に行くのも「胎内くぐり」を通らないといけません。果敢に挑戦しました。

クリックすると元のサイズで表示します


しかーし!

クリックすると元のサイズで表示します


手強い妖怪「とおせんぼう」が簡単に通してくれません。
「うっ、う〜〜。は、腹がつかえて通れない。」
ここを通過しないと先に進めないのか?さてどうしよう。
腹を凹ませて何度か挑戦しました。

クリックすると元のサイズで表示します


この後、天邪鬼がとった行動は…。
ご想像にお任せします。

「最大の強敵の妖怪も大したことなかったぜ!」妖怪「とおせんぼう」に背を向けて東屋に意気揚々と向かうのでした。

うん?イテテ…。頭をタオルが締め付ける〜。

この先になんと神の使いと修験の試練が待っていました。
斗雲(きんとうん)が欲しい。
そういえば、三蔵法師様はいずこに…。
小天狗の遊び場でようやく楽しい気分になりました。

あなたは誰?
クリックすると元のサイズで表示します

↓ポチッと応援お願いいたします。m(__)m

ブログセンター 群遊記
0



2009/4/17  6:36

投稿者:クロちゃん

ご存知の山でしたね。
◇恵那爺さん、おはようございます。♪
この日、朝早い時間で人もほとんど登っていない時間帯でした。
カモシカは早起きの賜物でしょう。
鎖、楽しみましたよ〜。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/4/17  5:37

投稿者:恵那爺

たけやまだったんですね!
ここは鎖を楽しむのに手軽で良いですよね
結構周りが開けているのにカモシカがいるんですね
びっくり
また行ってみようかな

http://enaji.ameblo.jp/

2009/4/16  6:38

投稿者:クロちゃん

お手数かけしました。(^_^)
◇Nonさん、おはようございます。♪
何でも、岩にボルトとかで穴を空けるとそこに水がたまって冬に凍り、それが原因で崩れる恐れがあるので岩登り禁止となっているようです。
岩に鎖場、展望もあって、色んな史跡や奇岩のあるハイキングに面白い山でした。
天邪鬼も素直に喜びました。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/4/16  6:32

投稿者:クロちゃん

鎖好き人間ですかー。(^○^)/
◇うさぎさん、おはようございます。♪
ズバリ!群馬県中之条町にある嵩山(たけやま)です。(^_^)
胎内くぐり通過できたら教えてね〜。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/4/16  0:10

投稿者:Non

 こんばんは。まだ山名が出ていなかったので、つい調べてしまいました(笑) 楽しそうな山だなと思って、すでにチェックした山でしたよ。空を翔る孫悟空、または天邪鬼に化けた天狗…? 今後の活躍も楽しみにしていますね(^^)

 それにしても「岩登り禁止」の看板があるなんて、それだけクライマーさんには魅力的な岩場が多いのでしょうね。

http://yamatrekking.web.fc2.com/

2009/4/15  23:57

投稿者:うさぎ

た・・タイプです。ここはどこですか?岩びつ山?鎖がわたしを呼んでいる・・

2009/4/15  20:31

投稿者:クロちゃん

石から出して〜と叫ぶかもです。(^_^)
◇くまちゃん、こんばんは♪
日本の孫悟空の生まれた場所みたいな山です。
このコース以外にきちんと道はあります。
好奇心があると行きたくなる岩場でした。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/4/15  20:28

投稿者:クロちゃん

大人はちょっと通れません。(^^ゞ
◇びーちゃん、こんばんは♪
確かに破線のコース上にありますが、通れないコースは戸惑います。
胎内くぐり以外は普通の道が続いていますよ〜。
1周コースは近くて昼寝に向いてるかもしれません。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/4/15  20:22

投稿者:クロちゃん

面白いコースでしたよ。(^_^)
◇komakoさん、こんばんは♪
予期せぬ出会いに喜びました。
この山は短時間に札所巡りができまーす。
山名は次の記事に掲載しますね。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/4/15  20:18

投稿者:クロちゃん

昼前に下山しました。(^<^)
◇♪お〜い中村君♪さん、こんばんは♪
変化があって長いように感じますが、実は意外と短いコースです。(^^ゞ
岩場は多いですが、それなりに楽なコースでもありました。
カモシカさんとニラメッコしましたよ〜。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ