ドキッ、野生との遭遇そして大天狗の岩場へ

2009/4/16 | 投稿者: クロちゃん

何か視線を感じて首を傾げました。
「ドキッ」
その主はジーッとこちらを見つめています。
「逃げるなよ。動くなよ。」カメラを取り出しました。

クリックすると元のサイズで表示します


すると主はプイと横を向いてしまいました。「おーい、こっち向いてよー。」作戦を考えねばなりません。

あっ、群遊記(第三話)です。(^_^)

手を振ってみました。知らんぷりです。足元の小さい石を蹴飛ばして音を出しました。チラッとこちらを向いてまたプイッです。
よーし、それならばと…。
こちらもあきらめた振りして先に進もうと一歩二歩と歩き出して振り向きました。

作戦的中!ヽ(^▽^@)ノ
野生は珍しそうに野生人を眺めてくれました。パシャ、バシャ、パシャ…。

「ふぅ〜。」いつまでも遊んであげないよと先に進みます。すると、名残惜しそうにずっとこちらを見ています。この野生も天邪鬼の心をもっているのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します


さてさて…。
この先、山頂への核心部が待ち受けていました。東屋のある小広い休憩場所から鎖場の登りが待っていました。
「ドキッ」
天邪鬼は鎖を好みません。鎖場の横を登りました。これって正解みたいです。鎖場よりずっと安全で楽だと思いました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


そして、下山です。
この山のコースは短いですが、色々と変化のある楽しめる山と思いました。
群馬県中之条町にある山です。


のんびり周回して3時間くらいでしょうか。
この日、道の駅(?)の公園から朝7時20分に登り初めて、周回して10時10分に戻って来ました。

この記事で紹介した他にも面白いところがいっぱいありました。

クリックすると元のサイズで表示します


↓ポチッと応援お願いいたします。m(__)m

ブログセンター 群遊記
0



2009/4/17  20:30

投稿者:クロちゃん

猿の軍団は怖いです。(^^ゞ
◇♪お〜い中村君♪さん、こんばんは♪
昔、猿の軍団に遭遇しました。正直怖いです。
狸はみかけないですね。夜行性でしょうか。
鹿の姿はまさに神の使いと感じましたよ〜。(^^)/
これも山遊びの楽しさです。

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/4/17  7:45

投稿者:♪お〜い中村君♪

山の主の様に立つ鹿の姿は凛々しい
クロちゃんを見てますね 人の姿を見慣れてるから距離を保てばおとなしいんでしょうか。
狸 猿なんかは居ないのかな?

http://yellow.ap.teacup.com/nakamurakun

2009/4/17  6:32

投稿者:クロちゃん

みなさーん、ヽ(^○^)ノおはようございます。♪
ふぁ〜、よく寝ました。

◇まぁくん、四阿屋山に似たところありますが、岩場の規模は大きいです。お花は四阿屋山に軍配でしょう。(^<^)

◇みじんこさん、鹿の連絡網ができていましょうか。何しろ霊山ですから…。(^<^)
鎖はあると安心感はありますが、ラインのコースが賢明です。「鎖を頼るな」と霊山の教えでしょうか。(^^)/

◇ショウタンさん、カメムシですか。秩父では「わっくさ」と言います。
山では色んな小動物がいますが、ちと苦手です。
鹿はどこでも増えていますね。(^^)/

◇雑草の如しさん、ぬりかべの岩がいっぱいありました。(^<^)
砂かけ婆や子泣き爺も隠れていたかもです。(^^)/
最初の情報の「楽しい山」を実感しました。

◇びーちゃん、私も久しぶりにカモシカに出会いました。明るい時のカモシカはカワイイです。暗い中だと光った目だけ見えて怖いですよ。(^^)/
山で出会う自然はよいものですね。

◇B・Yさん、山頂に小学生を連れた親子がいました。子供も喜びそうな山です。ただ、危険な場所は避けて通常コースを辿ったようです。(^^)/
お出掛けくださーい。

◇くまちゃん、胎内くぐりで岩に閉じ込められそうになりました。(^<^)
今度、行ってみてね。通れる人はすごいと思います。霊山だけあって神秘的〜。(^^)/
メタボの私は断念でした。

◇ひろさん、この山はあっこさん大喜びですよ〜。ぜひぜひ不動岩の上から景色見せてあげてね。
私は見上げてUターンでした。(^<^)
あっ、岩登り禁止の山ですよ〜。(^^)/
カモシカ、丸々太って毛並みもよかったです。

◇Nonさん、カモシカは一定の距離まで近づいても逃げないです。
昔、「ヤッホー」と言ったらドドドと逃げてしまいましたが…。(^^ゞ
鎖はやはり補助としてですね。下りでは何度か使いましたが、安心感があります。(^^)/

◇hijikiさん、お帰りなさーい。
この山は整備された通常コースを辿れば特に危険場所はありません。ただ、山頂の大天狗だけは岩場の長い鎖のコース往復です。
カモシカはこちらの要望に応えてポーズとってくれたみたいです。(^^)/

http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/

2009/4/17  0:57

投稿者:hijiki

戻ってまいりました〜(^-^)/
クロちゃんサン こんばんは☆
小天狗の遊び場は、岩だらけで危険そう(-.- ;)
よじ登ったり、くぐったりと身体をいっぱいに
動かした山登りのようですね。
野生の鹿! 恐そうだけどカワイイ(^0^ ;)/
本当に遭遇するのですね、感動です。
お疲れ様でした〜(^-^)/


2009/4/17  0:38

投稿者:Non

 こんばんは。すごい写真!! なるほど〜、1、2歩歩き出して振り返る! いつか遭遇した時のために、この技を覚えておこう。カモシカはまだ遠目でしか見たことが無くて、ちょっと羨ましいです(^^)

 鎖場の横を通る。野生の勘が研ぎ澄まされそうですね(^^)
 私は、野生の勘はイマイチですが、無理に鎖を使わなくて良い時に、たまにこの手を使います。無理に鎖を使わなくていいと理解していると、岩場の見方が変わりますよね。

http://yamatrekking.web.fc2.com/

2009/4/16  21:57

投稿者:ひろ

クロちゃん、こんばんわ〜
嵩山でしたかぁ!!!

ここ、僕の好きそうな山、、、、
前から気にはなっていたんです。
そっか〜
めっちゃ面白そうだ!
あっこを連れて行ってあげよう!!

あれ?
もうぶたあっこは行ってきたみたい(笑)

カモシカは僕も何度か見たことあります。
じーっと見つめられちゃいますよね(照)

http://ameblo.jp/haru1961/

2009/4/16  21:55

投稿者:くまちゃんです♪

(*^▽^*)ノばんちゃ〜♪

やっぱり、このお山。。。ひとりじゃ怖い。。。
だって。。。霊山って。。。(((=_=)))

孫悟空みたいに岩に閉じ込められなくて何よりでした♪

(´・ω・`)/~~カモシカさん♪カッチョイイですね〜♪

http://kuma-dayori.cocolog-nifty.com/blog/2009/03/post-cd0e.html

2009/4/16  21:36

投稿者:B・Y

こんばんは♪
嵩山というのは初めて知りました。天然のアスレチックみたいな山ですね、行ってみたくなりました♪

http://blogs.yahoo.co.jp/nttqm533

2009/4/16  20:16

投稿者:びー

クロちゃんさん こんばんは
カモシカ優しそうな顔して かわいいですね
最近カモシカに会ってません
山へ行ってないから会えませんね
楽しい山良いですね
山楽しみたいです

2009/4/16  19:28

投稿者:雑草の如し

クロちゃんさん、こんばんは〜。^^

1話から見させていただきました。
「群遊記」。いいタイトルですね。
様々な試練が待ちうけ、それが「妖怪」の仕業だったとは。おいらは、鬼太郎の仲間「ぬりかべ」君が応援しているような気がするのですが。^^;

ひとつの試練を乗り越えたときの爽快感は、また格別なものだったのでしょうね。^^

ポチ☆していきます。

http://wind.ap.teacup.com/sdalovebyhi/

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ