小人の言葉遊び

詩は感性の閃きから生じる。アフォリズムは観念の歪みから生じる。

 
私の好きな言葉を改作した模倣アフォリズム及びメタアフォリズムと、粋狂で書いている自作のアフォリズムを掲載しています。「アフォリズム(aphorism)」とは、文学や思想、学術に関する事柄や、人生と人間一般への観察や見解を簡潔に表現した短い文章のことです。

カレンダー

2021年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:maiko
私は生まれ出る前のことは覚えていないですが。三島由紀夫は生まれ出る瞬間のことを覚えていると書いていた、というようなお話しをしたことがあったと思います。
私の人生最初の記憶は一歳半頃、妹が生まれたときのことでした。

あなたはとても聞き上手でよく笑ってくれましたね。私は普段おとなしいのに、いつになく饒舌になっては、いろいろなことを聞いてもらっていました。
私が中学生のころ登校拒否児で引きこもっていたことや、その後自分を鍛えるために人力車をひいていたこと、大検を受けて大学へ入ったことなど、私の身の上話も聞いてくれました。あなたに「ようがんばったなあ。えらいと思うわ。」と言われたとき、私はこれまでの辛かったことのすべてが報われたように感じました。

・・・・・・・・・・・・・
本来ならばメールの中でなされるような私的な対話をこうやってウェブ上でするのも奇妙ですね。
この対話は私の自作自演に見えるのではなかろうか?まあほとんど誰も見ていないだろうけれども。
いやそうではなくて、実は自作自演で、「あなた」のコメントは「私」がトラウマ治癒のために書いたものだとしたら・・・。私はパラノイアなのか、それとも、これは芸術活動なのか。

・「あなた」は「私」だったのか?という疑惑について

このブログの管理画面で確認したところによると・・・。

あなたはドコモの携帯から書き込んでいる。
私はドコモの携帯を持っていない。
ゆえに私はあなたではない。

という結論がでました。

もう八年も会っていないあなたとの対話は夢みたいなものですが、それでも、夢の夢ではなかろうかと思って、頬っぺたを抓るかわりに論証してみました。

でもいくらコメント欄に書いても、「あなた」と「私」が別人であることは、あなたと私にしかわからないことで、この場で実証することは不可能ですね。まあ実証する必要もないですけれども。。。

それに、「あなた」と「私」は物理的に別の存在であるにもかかわらず、私は人格形成においてあなたから多大な影響を受けましたから、精神的には、あなたは私の一部になっている。
「あなた」は「私」ではないけれども、私の心的現実世界では、私はあなたなのよ。

・・・・・・やっぱり私、パラノイア気味なのかなあ・・・。
投稿者:大和事変
そうかも…

毒リンゴを食べた白雪姫も実は辛党だったのか…と思ったりして

それにしても凄まじい記憶力!
生まれ出る前を覚えてるって言ってたかな?
投稿者:maiko
コケたときのことはおぼえてはったのですね。。。あの白コートはまだ着ていますよ。「これかわいいなあ」と何気なくぽつりと言ってくれはったことがあって、嬉しかった。当時買ったばかりでしたから、もう八年ほど持っていることに気付きました。たまにしか着てないからまだ綺麗ですよ。

カフェに行ったとき、ケーキがどれも美味しそうだったから私が真剣に選んでいたら、笑われてしまいました。そしてあなたは私が注文したのとは違うケーキを選んで、ご自分の注文したケーキのほとんどを私のお皿に入れてくれました。確か…リンゴのタルトだったかなあ。
なぜかしら無上の幸福感に満ちた思い出であるのと同時に、もののあわれと無常をも感じさせられる記憶です。
いまや甘いものよりも酒の肴のほうが美味いと感じるようになってしまいました。年を取ることによって体質が変わったのでしょうか。それとも、甘いものは、実は不味いと感じ取ったからでしょうか。
投稿者:大和事変
戦争史には興味ありません。当たってたのは「オッサン」の部分だけでしたね。そう言えば、見事なコケッぷりでした。
確か…白いコートだったかなあ〜それにしてもOPENすぎる会話ですねー
投稿者:maiko
NHKの番組ですよね。私もたまたま見ていました。ゼミ面談の準備をしていたのに、つい横目でちらちらと・・・。これもテレビの害毒ですよ。(「毒害」じゃなくて「害毒」ですよ!)

おぼえてないかもしれませんが、押熊の本屋さんで椎名林檎のビデオを買ってくれましたね。
カラオケ屋さんの前で私が植込みに躓いてこけたら、びっくりしてはりましたね。「大丈夫か!こける人久しぶりに見た。」と言って笑いながら、私のコートに付いた葉っぱや土をハンカチではらってくれました。「歌い!」と言って私にばかり歌わせてくれたから、私は椎名林檎の曲を歌いまくっていて、その様子を面白そうに見ていてくれました。本当に楽しかったなぁ。。。

一昨年の暮れ帰宅途中に、電車に乗ってぼんやりとしていたとき突然気がついたのですが。「大和事変」というハンドルネームは「東京事変」をもじって作ったのですね。(当初は、この人は戦争史フェチの見知らぬおじさんなのだろう、φ様が祝一周年で貼ってくれたリンクから来られたのかしら、と思っていました。)椎名林檎への興味を失ってからもう五年ほど経過していましたが、あわてて東京事変のアルバムを買いましたよ。そして再びはまってしまいました・・・。
私はあなたのせいで再入信してしまったのに、あなたは脱退しようとしていたとは!まあでも、脱退できていないみたいだから許してあげますよ。
投稿者:大和事変
TVでリンゴを久しぶりにみました。次の7/1が楽しみにしています。これもTVの毒害?それともリンゴ信者から脱退してなかったのかなぁ?

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ