模型製作を楽しむ人々の新しい交流の場へ!

2009/2/21

F2007微速前進C  模型

フジミの248F1が気になるところですが、今回も購入するか
どうか迷っています。価格も結構ジャンプアップだし。
そんな事を考えている矢先に、97Tが届きました。
昨年から続いたセナもののガレキ購入は、これでひと段落。
暫くは、製作に気持ちを傾けるられそうです。(怪しい・・・)
何かと特典もある「Toystudie」さんからの購入ですが、
この梱包を何回続けているのかと思うと、しびれますね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

中身は近いうちにHPで紹介しますが、ブラックの
パッケージが高級感出てて、コレクションにも最適です。
まあ、作るかどうかは別として、こういうシリーズは
リリースされるGP仕様を全てゲットするのが夢ですなぁ。
まあ、製作用とコレクション用で2台を同時購入なんて
出来れば・・・
デビューイヤーのモナコ、そして翌年のポルトガル。
雨はセナを輝かせるのに最高の演出でした。
しかし、この85年の後は、88年のシルバーストーンで優勝
するまで、3年間は雨のレースが無かった・・・?

F2007のボディは、粛々と進めています。
合体しておくべきパーツを一つ一つ接着しパテ修正。
いやいや中々骨が折れる地道な作業です。
クリックすると元のサイズで表示します

資料を眺めながら進めていると、次々に気になる箇所が
出てくるものの、余計な所で失敗して完成させられないと
いけないので、なるべく前を向いてゆくとします。

0



2009/2/23  22:55

投稿者:oshanpin

>>@河童さん
え〜買いました(^^; で、施設税関対策ってナンですか?
しかし、パーツチェックでは、取り敢えず完結出来る感じには見えなかったですよ。
95T完成の貴殿なら問題ないと思いますかが、自分はどうも・・・

>>新米パパさん
お店で中身をチラ見できるなんていいですね。
私の近所には某居酒屋の様なお店が無いのでネット画像が頼りです。
まあ、セナものは考えるなんて事しませんが。
カナードより、私の場合背びれの突端がヤバイです。
ついつい引っかけて曲げてしまいます。

>>ワタナベさん
プロポーションといっても、これだけベタベタとモノがくっ付いていると、
もう懐かしいマシンよりハードです。
97T止めてしまったんですか?残念だなぁ
時期に98Tが出るんだと、私は更に期待しています。
なんとか生きている間に、セナマシンを制覇しないと・・・

2009/2/23  15:49

投稿者:ワタナベ

私ゃレベルの24なんであんまり気を遣わなくても簡単に組めるかなぁ、なんて思ってるんですが、2007。こっちのはさすがに手間がかかりそうですな。

97Tってなんですか?
えぇ。白状すると脳内で買うた止めた音頭踊ってたんですけど、あきらめることに決定しました、ハイ。

http://twbj.seesaa.net

2009/2/23  11:19

投稿者:新米パパ

97Tご購入しましたか。お店で中身をチラっと見ましたが製作には相当な気合と心構えが必要そうで…2台同時なんて夢ですね(^-^;

F2007も進んでますね〜。コクピット前のカナードなどこの辺りから危険物が多くなって作業にやたら神経使いました、なのに折ったりして(-.-;

http://enjoymodeling2006.seesaa.net/

2009/2/23  0:46

投稿者:@河童

お〜、買いましたか。私のトコは施設税関への対策があるので、支払い済んでも届くのはまだ先です(笑。メーカーの組み上げ画像見る限り、またもパスパス組み上げていくと、取り敢えずは完結するようになってるみたいですね。凄いですな〜。

2009/2/21  21:50

投稿者:oshanpin

>>M ナンセルさん
あとでインプレを掲載しますが、パーツが尋常じゃないです。
絶対折ってしまいそうなヤツが沢山有りました。
置換え必至な製作になるでしょうね。
ホビーフォーラムかぁ・・・行くと危ないですね。
ついついイケない気持ちになります。

248F1は、巧く製作した完成品を見ると、気持ちが持って行かれるかも・・・
ハセガワの次回F1はなんでしょうかね?

2009/2/21  21:35

投稿者:M ナンセル

97T、えらい事になってますね。
旧キット持っているので買うつもりなかったけど、
あの内容を見てしまうと欲しくなってしまいました。
ホビーフォーラム狙いでいくかも。その前に行けるのか?

248F1は私もスルーしました。
別仕様が何がでるかで決めようかなと。
モノコックとエンジンカウルが一体なのは何でなんだ〜。


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ