十野七(七見水晶)の創作サークル「ミニマムセンチュリー」の日誌は
2013年4月2日以降、
こちらに引っ越しました。

2012/7/21  12:01

まんがタイムスペシャルに読み切りが載りました。  おしごと

芳文社まんがタイムスペシャルで連載してました
「放課後のピアニスト」は
先月でおしまいになりまして、
今月は新作読み切りです。

なお「ピアニスト」コミックス2巻は8/7発売予定です。

さて新作ですが
「ひすい色ライブラリー」
こちらは図書委員もの4コマです。

主人公は本を愛する図書委員長、
井上ヒスイです。

ヒスイは普段は穏やかな美人と評判の文学少女。
しかしその正体は
良い本をおすすめしまくるのに情熱を燃やしすぎる上
本に夢中になると本の主人公になりきってしまうために
周囲からドン引かれる
「黙ってれば美人」「美人だけど変人」系の
いわゆる残念美人です。

彼女の本性を知りつつもつきあうのが
図書委員の小田切メノウ君。
彼は読書嫌いですが、図書委員のことを
「楽して内申稼げそうな委員」
と思って就任しました。
しかし委員長のヒスイに振り回され、
ムダに忙しい日々のご様子です。

そんなある日、事件が起こります。
しかしそれを見事に解決したのがヒスイでした。
ヒスイの本を愛する力が一人の生徒を救ったのです。

なにをどうしたかは、
本誌をご覧になってお楽しみ下さい。

なお、「井上」「小田切」は
過去の有名な収集家やその仲間から
取った名前です。
本人に作品を作る力は無いけど
作品を愛し世に紹介する力を持つ人という意味で。

そして制服は
同人誌「じょこも!」とおなじデザインです。
同じ学校と解釈してもいいでしょう。

ちなみにこのネーム提出時、
放課後のピアニスト番外編
も一緒に出してみましたが
色々あってボツになりました。
個人的には気に入ってるので
こちらもお楽しみ下さい。
19



2012/7/21  20:00

投稿者:七見/十野

U・Mさま

ありがとうございます!
気に入っていただけたら幸いです^^

2012/7/21  17:31

投稿者:U・M

読みましたよ〜「ひすい色のライブラリー」!

「いずみの唄」の様にシリアスなお話も好きですが、
やはり「ひすい〜」や「ピアニスト」「うさぎレス
キュー」の様な明るい話は良いですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ