Marmalade Boy's column 2010

あっという間に20代後半。

 

カレンダー

2019
December
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

しちょー。

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

お話を探す。



このブログを検索

携帯はこちらで。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS

前期終わってくれ。

えー、戻ってまいりました。現実の世界へ。


大学ってホント嫌ですね。面白くないしね。


ということで、今回は、実習についてまとめてみたいと思います。



さて、6月6日から26日にかけて実習が行われました。授業をこなすこと30回。その間には、学年の確認テストを作ったり、複数のクラスで『現役時代の勉強の仕方』について演説したりと、かなり充実した毎日を送ってきました。



そして、最後の日。




実習が2週間の人たちは、ホームルームのクラスの生徒から、色紙やら花束やらをもらってて、きっと俺もあんなふうに見送ってくれるものだろうなぁ…とドキドキしながら、最後のホームルームを迎えました。




『みなさん、これまで本当にありがとうございました。』






最後の挨拶を終え、生徒から拍手をいただきました。



その後。教室で待ってましたが、急いでそのまま帰る生徒たち。





終了。




何も見送ってくれませんでしたorz




他のみんなは、担任の先生やら、生徒やらから花束をもらって、色紙をもらって…。





そんなに嫌われ者だったのか!?





切ない最後だったとさ。







その後、とぼとぼと控室に戻っていったら、実習中よく喋ってた、うちの担当クラスの生徒や、他のクラスの女の子がきてくれて、『一緒に写真とってくださーい!』とか言ってきてくれたんで、まだ救われましたけどね。
0
投稿者:にっすぃー@bass
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:にっすぃー@bass
確かに『シャイ』であったことは否めませんが、実習生の中で、一人だけ見送られないのも寂しいもんですよ…。

ぷんすかぷん。
投稿者:行橋の義兄弟
バッケローイ!自分を卑下するもんじゃねえや!

きっと、彼らは『シャイ』だったんですよ。

もしくは、放課後に、「先生がいなくなると、ちょっと寂しくなるなんて、思ってないんだから!ほ、ほんとだからね!ふん!」とかクラス代表がやる予定だったのが、不発に終ったんですよ。
AutoPage最新お知らせ