知り合いの誰が最初に見つけるのか?

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:のじ@リフ友 工場長
>nekoviさん
デルタ用というと ぜひインコネル製を探して下さい
一度見てみたいのであります


>松永さん
ヴィッツが買えますか。。。
やはり高級なのね

しかしV6ってタコ足を入れても上からは見えませんよね
性能アップも大事ですが どちらかというと見せびらかす方が重要なアイテムですもんね(笑)


>inazumaさん
うちのは当たっているように見えるけど でも当たっているような音がしないんですよね
後から光を当ててみたものの イマイチわかりませんでした
明日 紙を隙間に入れてみることにします


>ぱんぱんさん
エキマニと共に良い響きと言えば
『メタル触媒』
『直管』
あたりでしょうか(笑)

しかしエキマニって結構敷居が高いですよね
レース車両にするなら躊躇しないんでしょうけど
街乗りメインだと ちと持ち腐れ傾向ですし。。。

それはそうと そのままと言いつつも エンドに続いてFパイを入れると 次はエキマニになるわけで。。。(笑)
投稿者:ぱんぱん
「エキゾースト・マニフォールド」
いい響きの言葉ですよねぇ。

今までクルマに乗ってきて、交換したいパーツの中では常に「欲しいけど買えない」モノの一つでした。
パーツの価格ともとより、自分で交換できない時の工賃がネックで、
レガシィはツインターボでしたからsymsのエキマニ代と工賃で30マソ!でしたから、不可能です。

今のV6には満足していますので、排気系はそのまま逝きます。
でも、もし乗っていたのがTSだったら絶対換えていますね、きっと(^^);




http://panpan-2stroke.at.webry.info/
投稿者:inazuma
自分のはギリギリかわしてる感じでしたよ。
携帯カメラで撮影してみました。

自分も元のエキマニは捨てちゃいました(笑

http://blog.livedoor.jp/inazuma155/
投稿者:松永@186/250
エキマニの焼け具合が素敵です。
うちの等長はキレイな造形を拝むのは取付前だけ、TSはエンジンルームに余裕があるからいいですよね。

#インコネル
ちょっと調べてみたら、BMW M3であるそうですよ。
価格は、新車ヴィッツが買えます。


http://blog.livedoor.jp/alfa155na155/
投稿者:nekovi
いいなあ、
どこかに手ごろなデルタ用の等長エキマニないかな。
投稿者:のじ@リフ友 工場長
>macchiさん
なるほど。。。 そんなに値上がりしたんですね
つかインコネルでエキマニを作れる予算があったら
当たらないような取り回しで作りますって(笑)


>蜻蛉さん
蜻蛉さんもフルメックスにするんじゃありませんでしたっけ?(笑)
つかソロよりSSとのデュオを希望します
投稿者:蜻蛉155
綺麗に焼けましたね〜! 只でさえ良く回るTSにFullAQなんてさっすが〜。 【夜会】にてソロで奏でちゃってください。

http://plaza.rakuten.co.jp/1968zakkicyo/
投稿者:macchi
グループAのデルタのエキマニはインコネルでしたね。
最近はニッケル・クロムも中国の性でめちゃ高です。
今、インコネルでエキマニ造ったら、当時の
レーシングモデルよりも高価かもしれませんね。


インコネルだったら、叩いて凹まして溶接、ってのは
キビシすぎて大変ですぜ。


http://www.geocities.jp/esse_quattro/index.html
投稿者:のじ@リフ友 工場長
>さんまさん
今はどんな素材を使っているのか知りませんが
MP4/6あたりのエキマニはインコネルだった記憶があります
その時代の刷り込みで あたしの場合 高級なエキマニ=インコネルなんです(笑)


>ぱんぱんさん
取付けでやたら苦労していたのはコレが原因だったようです
たぶん型取り車とレイアウトが違ったんでしょうね

まあ特に異音は無かったのでスルーです。。。

もしクラックが入ったら 叩いて凹まして それから仲間に溶接してもらいます
元の鋳鉄エキマニは捨てちゃったし(笑)
投稿者:ぱんぱん
ありゃ! 当たってますね。
異音は出ていないのですか?
あまりにも力が掛かっていると、クラックの原因になりますよね。

品物のせいなのか、取り付け方のせいなのか、
はたまたクルマの個体差のせいなのか・・・

http://panpan-2stroke.at.webry.info/
1|2

15周年!

メッセージBOX

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

時計

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ