007/カジノ・ロワイアル  新作レビュー

見た日/12月某日 ★★★★

 気がつけば、これが100本目の投稿になる。2月のブログ開始以来、100本も記事を書いたのね。うおー、ビックリ、である。正直、ほかの方のブログにそんなにトラックバックもしてないし、コメントもしてないのに関わらず、毎日20〜30ていどのアクセスをいただき、気がつけば総アクセス数も5000を超えた。本当にありがたいことである。読んで下さっていらっしゃる方に、心から感謝したい。ありがとうございます。

 実はこの数年、仕事の忙しさを口実に映画館で見る映画の本数が激減し(昔は年間200本は見ていたというのに、最近はせいぜい月一本の年間10本ていどだった)、あとは全てビデオレンタルという体たらくだったので、昨年「もっと映画に近づくために」独立したこともあって、「今年は劇場に通う!」と決め、「ブログを始めれば見ない訳にはいかないだろう」と軽い気持ちで始めたのが、このブログである。

 最初は「記録代わり」の軽い気持ちだったのだが、日々アクセス数が増えるのを見て、「映画の楽しさを伝えたい」とちょっぴり本気モードにもなり、ネットのエチケットやマナーを気にしながらも、何とか続けている。それでも、フリーになったはずなのに、なかなか映画館に通う時間が作り出せない。

 「年間100本」という目標を立てたが、現在、映画館で見た映画は12月を迎えて50数本。何とか60本は達成しよう、と思う今日このごろ。で、今年は「映画は映画館でしかその魅力は味わえない」ということを実感した一年でもあった。映画は、映画館で集中して見る、ことを考慮して作られているので、テレビサイズでは当然、鑑賞したときの感情も変わってくる。そういう意味では、今年、どうしても劇場で見たい作品をたくさん見逃したのは残念だった。このあたりは近く、総括したいと思ってます。

 さてさて、前置きが長すぎた。この投稿は、映画つれづれできなく、007シリーズ最新作のレビューである。

 この映画も、映画館でぜひ見てほしい。こういうアクション映画は絶対テレビサイズでは心底楽しめない。

 何かの映画雑誌に「シリーズ21作にして最高傑作」とあったが、僕もそう思う。明らかにこれまでの007シリーズとは違う。舞台設定は現代にしているものの、今回はイアン・フレミングのジェームズ・ボンドシリーズ第一作を原作に、生身のスパイが悩み、苦しみながら活躍するスパイアクションの傑作に仕上がっている。僕は大学時代に原作シリーズを何作か読んだだけだが、原作小説は本格的なスパイ物なので、そういう意味では今回は原作にもっとも近い007、と言えるかもしれない。

 でも、そこはこのシリーズを30年作り続けてきた英イオンプロ。映画シリーズが作り上げてきたムーディーな007のイメージや荒唐無稽な敵の設定、かなり非現実的な特殊兵器などをかなぐり捨ててはいるが、オープニングのアニメ、世界のリゾート地を舞台にしたゴージャス感、歌舞伎のような、おなじみの決めゼリフ、テーマ曲は健在。とくに決めゼリフの使い方は、きちんと今回のボンドの役どころ、成長に合わせた使い方で、往年のファンなら拍手喝采である。

 正直、近年の007シリーズ(と言うより、僕はロジャー・ムーア以降の作品群/吹き替え、合成感バッチリのアクションには何度映画館で落涙したか)はスパイ物というよりちょっとお金をかけてはいるものの、ゆるーいアクション大作という感じで全然面白くなかったのだが、今回の作品は文句なしの面白さ!腕は立つが無鉄砲な主人公新米スパイの危なかっしさ、配置バランスも絶妙なCGに頼らないアクション、カジノで展開される敵との心理戦、誰が敵で、誰が味方かわからないストーリーテリングの妙…。すべて一級品だ。

 今年見たM:iVとの共通点もあったが、多分、あっちのシリーズは007を反面教師にしながら成熟したのだろうが、こっちの本家もあっちの良さを吸収しながら、ここに来て決定版を出してきたことに驚く。今年みたアクション映画では一番面白かった。
クリックすると元のサイズで表示します
0



2006/12/18  2:35

投稿者:おたっきー

melodieさま、コメントありがとうございます。

いつも暖かいコメント、ありがとうございます。大歓迎ですので、これからもどしどしコメントくださいね。

さてさて、ビアース・ブロスナンの007もよかったですよね。この人、すっごいハンサムなのに、「マーズ・アタック」で首だけになったり、なかなか幅の広い俳優さんです。

世間的には評判は悪いですが、個人的にはティモシー・ダルトンが好きでした。「リビング・デイライツ」は最近の作品ではよかったと思います。

確かに、僕もコネリーおじさんは老けてからの方がカッコイイと思います。「ロシアより愛をこめて」は傑作と思うけど、「ドクター・ノオ」や「007は二度死ぬ」などは、面白いけど、正直個人的にはイマイチ。

今作はスパイの成長物とハードなスパイアクションがきちんと007映画になっている、稀有な大傑作でした!ダニエル・クレイグ、「ミュンヘン」のときとは別人のようで、カッコよかったです。

確かに英国人はタキシード似合いますよね。僕は結婚式で一度着ましたが、ペンギンのようだ、と言われました。

2006/12/14  22:03

投稿者:melodie

おたっきー様
またまたコメントさせていただきます。
実は私も先週「007カジノロワイヤル」見たばかり!
私は前ボンド役のピアーズ・ブロスナンが大好きだったので(もちろんショーン・コネリーも大好きですがボンドの頃は(・・?年取ってからが好き)ニューボンド、ダニエル・クレイグはマッチョそうだけどどうなんだろう??と危惧しながら見たのですが、、
すっごく面白かった!!!
私も今まで見た007の中で最高傑作!と思いました。(全作見ているわけではありませんが)
おたっきーさんが書いているようにアクションもストーリーも、まさに「映画館で観てよかった!」と思わせる作品ですよね。
そしてクレイグのボンドも未完成なスパイでありながら、どことなく哀愁のあるところが素敵でした。
それとタキシード姿!さすが英国人!シビレました。
ヴェネツィアのシーンは多分CGを組み合わせているのかと思いましたが、よくできてましたよね。
私はゴムマスクを多用するM.I.シリーズより、断然こちらが好きです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ