陽気なギャングが地球を回す  DVD・ビデオレビュー

見た日/12月某日 ★★

 粋な演出、豪華でノリノリのキャスティング…。でもいまひとつ、映画全体が「陽気」になって「回らない」のはなぜだろう。

 原作を未読なので何とも言えないが、後半のクライマックスとなる銀行強盗を巡るストーリー展開の工夫がいま一歩で、もう少しひとひねりあっていい。こういう映画は古くは「スティング」などの傑作があるが、ユーモアがあっても、やっぱり物語としての騙し騙されの面白さがよほどでないと観客を引き込めない。

 映像の処理の仕方や佐藤浩市扮する演説の達人のキャラクターなど、相当面白くなりそうな要素があるだけに残念。

 でも、出演陣に魅力があるので、そこそこは楽しめる。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ