2006年総括・1  マイベスト

2006年もいよいよ終わり。今年見た映画を、よかった順から一気に並べ、おたっきーの独断と偏見で点数をつけ、一言コメントをつけました。時間が経ち、レビュー時と評価が変化した作品もあります。長いけど、一気に行きます!!

[90点代]出口のない海(98)=冒頭から長回しで引き込む潜水艦アクションと、主人公の青春の象徴として描かれる野球、そのメカニズムが複雑怪奇であることがこの映画で明らかになった特攻兵器「回天」との組み合わせが見事。「見えない敵」というセリフに象徴される、戦闘シーンがない戦争映画という視点も新しい。賛否両論の主人公の最後は、その感情の行く先としては当然。「泣ける」ことを意識した戦争映画とは一線を画す秀作▽ゆれる(98)=人間の感情の「揺れ」を、兄弟の確執という形で重層的に表現。固定カメラでしっかりと俳優の演技を撮りながら、極度の緊張感がピークに達する場面では画面が「ゆれる」映画的な緊張感は見事。俳優陣たちによる演技の「間」が、何とも言えない緊張感を生む。オダギリジョー、香川照之の演技はしっかりとした実在としてスクリーン内に存在する▽父親たちの星条旗(95)=これもまた「見えない敵」を描いた傑作。凄惨な戦争シーンと英雄に祭りたてられた兵士たちの苦悩を交互に描く手法が見事で、彼らの戸惑い、苦悩をまるで追体験しているよう。これもまた、映画的緊張感にあふれる▽ブロークバック・マウンテン(94)=カウボーイ同士の、狂おしいまでの純粋な愛と美しい自然の景観、そして身近な偏見…。2人の切なさが、観客にも静かな「痛み」を感じさせてくれる▽007カジノ・ロワイヤル(93)=壮絶なアクションも、魅力的なキャストも、豪華な衣装やセットも、すべては面白い物語があって成り立つ、ということを証明▽クラッシュ(92)=人生に「アクシデント」は必ず起こる。そして人生に影響を与え、さまざまな感情を呼び起こす。

[80点代]ユナイテッド93(89)=悲劇を「伝える」という映画的な意義が問われる。前半の管制塔でのやり取り、軍部内の様子は必見▽硫黄島からの手紙(88)=アメリカ人が描いた日本人とか何とかいう前に、クリント・イーストウッドは「人間」を描ける監督だな、と改めて納得。壮絶な戦いの中で様々な感情や思いを見せる日本兵の描写に、戦争には敵も味方もない、というメッセージが鮮やかに浮かび上がる▽嫌われ松子の一生(87)=ミュージカルという手法とファンタジックな映像だからこそ、人間の心情がより伝わるという稀有な映画▽ホテル・ルワンダ(86)=なぜ人は人を殺すのか。なぜ悲劇は繰り返されるのか。憤りを感じるとともに、家族を、そして人間を守ろうとする主人公の姿に心が打ち震える▽ミュンヘン(85)=国家に翻弄される個人を描き、政治的なテーマを描きながらエンタテイメント性を失わない演出に感心▽寝ずの番(80)=エロは面白い。その本質を、日本的な粋で描いた▽フラガール(80)=笑って泣けるエンタテイメントだが、社会的な背景もきちんと描いている点が物語に深みを与える

[70点代]▽時をかける少女(79)=原作、前作のテイストを踏まえながら、等身大の高校生の思いを描いた秀作。普遍のテーマである青春の切なさを、「時間」というアイテムを使って上手に浮かび上がらせた▽ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟(78)=子供向けにしっかりしたメッセージを送る作りに加え、お父さんも意識して、現代のヒーローと過去のヒーローを共演させるエンタテイメント性が見事。かつてのヒーローたちを演じた俳優さんたちの貫禄ぶりと変わらぬ勇姿に涙、涙▽▽SPIRIT(76)=カンフー映画の遺伝子は僕にも残っている、と心が熱くなった一編。こういう映画、まだまだ見たい▽スーパーマンリターンズ(76)=ヒーローが登場しにくい現代、ヒーローもまた悩み、苦しみながら人を救っているが、スーパーマンを神格化している点が新しい▽インサイド・マン(75)=先が読めない変化球の娯楽アクション。クライマックスに向かって変に高揚しないのだが、きちんと楽しめる▽単騎、千里を走る(75)=誰が何と言おうとナチュラル健さんを支持。中国の素人俳優たちの素朴さと、健さんの純朴さに感動。日本部分の演出はわざとらしいけど▽手紙(72)=演出、キャスティングともテレビドラマっぽいが、人の業や救いという現代的で深いテーマを、良質の脚本で仕上げた▽佐賀のがばいばあちゃん(70)=原作を生かした脚本の勝利。ばあちゃんの伝説的な名言を、地味ながらきちんと観客に伝えてくれる、素直な演出が○▽武士の一分(70)=スターが主演の舞台劇を見ているよう。シンプルイズベストで、演出、脚本、役者の演技というアンサンブルの上手さが楽しめる▽花よりもなほ(70)=丁寧に作られた良作。貧乏くさい長屋の人物が本当に貧乏臭くてよい▽力道山(70)=プロレスシーンに拍手!▽長州ファィブ(70)=娯楽性には欠けるが、真摯な姿勢が伝わる。豪気な男たちがイギリスで貧富の差に触れ、変わり行く姿がいい▽デスノート前編(70)=意外な展開の面白さに、娯楽映画のベテラン監督の切れ味を見たり。一般客は支持、評論家筋には悪評、というのも娯楽映画の王道ぽくて気持ちいい▽雪に願うこと(70)=根岸監督が描く質の高いドラマ性は健在

[60点代・50点代]
▽スタンド・アップ(68)=演出が丁寧。冒頭の空撮が、「山」が持つ閉鎖性を現わし印象的。全く違うが、炭鉱が舞台という点である意味「フラガール」と共通性▽クレヨンしんちゃん〜伝説を呼ぶ!踊れアミーゴ!〜(65)=アニメでしかできない表現は確かにある。幼児向けアニメながら、ホラーに挑戦した心意気がよい▽トゥモロー・ワールド(64)=迫力の戦闘シーンを8分のワンカットで表現した技術力と心意気にはもう土下座!▽テニスの王子様(63)=日本製「少林サッカー」!▽博士の愛した数式(63)=浅丘ルリ子姉さん以外、役者は完璧なのだが▽間宮兄弟(62)=登場人物たちは魅力的だが、お話に魅力が乏しいかな。でもエリカ&景子姉妹はぶち可愛い▽小さき勇者たち〜ガメラ〜(60)=怪獣映画の新機軸。でもヒットしなかったので続かないのだろうな…▽ドラえもん〜のび太の恐竜2006〜(58)=復活ドラえもん、演出も絵も丁寧。テーマ曲もいい▽THE LIMIT OF LOVE〜海猿〜(57)=突っ込み所満載だが、ハリウッドスタイルの志を買おう!でも、大事なドレスなら着て避難しよう!▽ありがとう(55)=阪神大震災をきちんと描いたいい映画。前半と後半のつながりが悪いけど▽明日の記憶(50)=お話に救いようがない。大滝秀治ってすごいよう、怖いよう▽スケバン刑事(50)=結構好き▽イルマーレ(50)=無茶な話だけど、ロマンチック▽犬神家の一族=リメイクの意義が問われるが、結構面白い。話はかなり無理があるが。

[40点代・30点代]
大奥(49)=豪華絢爛だけど、テレビで十分かな▽轟轟戦隊ボウケンジャーTHEMOVIE〜最強のプレシャス(49)=倉田保明にもっとアクションしてほしかったかな▽地下鉄(メトロ)に乗って(48)=切なさが伝わらないと、ちょっと辛い▽ワールド・トレード・センター(47)=忘れてはならない事件だが、事件の本質とは違ったところらドラマを持っていったのは返ってどうだろう▽シリアナ(46)=現代的なお話だがつながりが分かりにくい。ジョージ・クルーニー、いつ大統領選に出るの?▽プルーフ・オブ・マイライフ(45)=頭のいい人は大変、という話。僕は算数できません▽おいら女蛮(45)=井口昇監督はすごい。チープさが最高▽日本沈没(44)=沈没シーンとラブシーン。並べても、同じ映画とは思えん▽Mi3(43)=面白かったけど、もう忘れました▽X−MENザ・ファイナルエディション(42)=こっちが断然派手だが、1と2の方が好き▽北斗の拳〜ラオウ伝殉愛の章〜(40)=好きだが絵がビデブ▽フライトプラン(39)=ジョディは「インサイド・マン」の方が魅力的だったぞ。アラブの人に敬意を!▽Vフォー・ベンデッダ(38)=仮面と坊主しか覚えてない▽燃ゆるとき(35)=中井貴一の演説が麺を延ばしちゃった▽仮面ライダーカブトGOD SPEED LOVE(34)=お話の展開にかなり無理が…。仮面ライダー劇場版はこの数年傑作続きだったのに残念▽最終兵器彼女(34)▽ミラーマンREFLEX(33)=ウルトラマンメビウスと同じ監督なのに、これは…▽陽気なギャングが地球を回す(33)=はじけそうで、はじけない▽the有頂天ホテル(33)=ハリウッドへのオマージュも、伝わらなきゃ何の意味もない

[20点代・10点代]バルトの楽園(29)=「ヒットラー」ブルーノ・ガンツの扱いが将軍様より格下じゃあ…▽ダ・ヴィンチコード(29)=ヒロインがアメリと気付いたのが最大の謎解きだったりして▽ザ・センチネル(29)=マイケル・ダグラスは老けてもセックス・シンボル▽県庁の星(28)=こんな公務員とはお友達になりたくない▽ライアンを探せ!(25)=ディズニー印なのにねえ▽シャークボーイ&マグマガール3−D(15)=すみません、内容を覚えていません。

★で、それぞれを上位から日本映画、外国映画で分けてベスト10にしてみました。

[日本映画]
1,出口のない海
2,ゆれる
3,嫌われ松子の一生
4,寝ずの番
5,フラガール
6,時をかける少女
7,ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟
8,佐賀のがばいばあちゃん
9,武士の一分
10,デスノート前編

[外国映画]
1,父親たちの星条旗
2,ブロークバック・マウンテン
3,007 カジノ・ロワイヤル
4,クラッシュ
5,ユナイテッド93
6,硫黄島からの手紙
7,ホテル・ルワンダ
8,ミュンヘン
9,SPIRIT
10,スーパーマンリターンズ
0



2007/1/5  22:10

投稿者:おたっきー

HAL−eさま、コメントありがとうございます。

こちらこそ、今年もよろしくお願いします。僕も、昨年以上に映画を見て、感性を豊かにしていきたい、と思っています。

享年41歳、東京支部長さま、コメントありがとうございます。

今年も、周南支部はガンバリマスよ。さて、「日本以外全部沈没」ですが、劇場公開時は未見でしたので、ぜひDVDで見ます。見たらまたここで感想を書きますね。

河崎実監督は好きなので、とっても楽しみです。

2007/1/5  2:45

投稿者:HAL-e

おめでとうございます!

昨年はほとんど映画を見ることができなかったので、今年はいっぱい見たいです。
今年もよろしくお願いします。

http://madamovie.com/

2007/1/4  11:56

投稿者:芸名亨年41歳、東京支部長

あけましておめでとうございます.本年もおたっきーさんの映画ブログ楽しみにしています。昨年の個人的お勧め映画は「日本以外全部沈没」です。何処の映画批評にも引っかからない映画とは思いますが、製作者の意図どうりにあまりにもくだらなく、予算も少ない映画でしたがこの映画を作った勇気を褒めたいです。こういうパロデイ映画がつくれる日本の映画界はまだまだ大丈夫、そんな明るい気分にさせてくれるものでした。この監督の次回作期待しています。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ