憑神  新作レビュー

見た日/6月某日 ★★★

日本映画のベテランスタッフたちによる、楽しめる時代劇。貧乏神、疫病神、死神という、あまり有難くない神様たちに取りつかれた下級武士の姿を、ユーモアとペーソスを交えて描いている。

江戸の市井の人々の生活を描く、という意味では昨年の「花よりもなほ」を思わせるし、下級武士の日常という点では「武士の一分」も想起させるが、この映画はリアリズムを底辺できちんと描きながらも、ファンタジー要素も入った自由闊達な映画であり、庶民の落語話のようにまとめてある。

とくに前半、西田敏行扮する貧乏神のパートが秀逸で、吹き出してしまうおかしさがスクリーンに漂う。降旗監督、木村大作撮影監督、計算しながらも今回は役者の持ち味を引き出すことに徹底したらしく、西田敏行のアドリブ大爆発で、長回しを多用して撮った西田さんの演技が他の役者の魅力を上手く引き出している。「どろろ」ではあまり楽しそうじゃなかった妻夫木君も、こちらは楽しそうで、のびのびと下級武士役を演じている。

後半になると、主人公が個性的な神様たちとの出会いによって自己に目覚め、その意義を問い直す展開になってちょっとお話がシリアスになっていくのだが、前半が面白かっただけに、ちょっとパワーダウンした感がした。主人公の気持ちの変化も少々消化不足でやや感情移入しにくい。だが、佐々木蔵之助や夏木マリら、芸達者の脇役たちの好演もあって、最後まで安心して楽しめる。

ラストは異論もあろうが、物語に落とし前をつける、という意味ではイメージに終わらず、物語を現代に伝えたい、と観客に提示するあたりは、ベテランスタッフだからこその発想だろう。エンドタイトルに工夫があって楽しい。主要スタッフ、キャストの文字が本人による手書きというのは、降旗・木村コンビの前作「赤い月」からだが、なかなか面白いアイデアだと思う。

昨年来、いい時代劇映画が続いているが、今回もセットや衣装、エキストラの佇まいなど、さすがにプロ、という絵が随所に見られた。お二人の作品は、これまでもっとドキドキワクワクした作品があるので評価は多少辛くしたが、わずか2時間の間で感情の起伏をきちんと描き、物語を終結させる技は正に「映画的」で、どっしりとしたカメラの構図は、見慣れたテレビの時代劇とは一線を画している。

正直言うが、同じ東映京都作品ながら、本物の城でロケをしながら、脚本も絵づくりもまるでテレビドラマだった「大奥」とは大違い。比べちゃ悪いが、ちょっと格が違う。こういう日本映画のいいところが詰まった、派手ではないが良質な時代劇がもっと見たい。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ