気になるニュース  映画つれづれ

気になるニュースがあった。

カナダの自治体のニュースサイトで、20世紀フォックス社がカナダで撮影を予定している映画がいくつかあり、その中に「ナイトミュージアム」の続編、ローランド・エメリッヒ監督による「ミクロの決死圏」リメイク作と並び「ドラゴンボールZ」の名前があった、というニュースが報道されたのだという。

「ドラゴンボール」の映画化権を20世紀フォックスが獲得した、というニュースは確か2002年ごろに流れたはずだ。当時、「スター・ウォーズ」シリーズの次として考えていて、SWの完結以後に動き出す、ということだったが、SWの終了後も全然音沙汰がなく、「どうなっているのかな」とは思っていたが、ようやく動き出したようだ。

そのサイトによると、来年7月までに撮影を終える、という。でもこれが20世紀フォックス社からの発信ではないから、信憑性に疑いはあるが、自治体のサイトと言うから誤報ではないのだろう。

とすると、再び、悟空や亀仙人やピッコロたちを、誰が演じるのか!?一時、ジェット・リーが悟空を演じる、というウワサがあったが、もう無理だろう。どちらにしても、またまた興味は沸いてくる。そして、監督はだれがするの!?確実な情報を待ちたい。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ