日本アカデミー賞発表!  映画つれづれ

日本アカデミー賞が発表された。

昨年は「フラガール」が独占し、いわゆるメジャー製作ではない作品の主要賞受賞に「日本アカデミーもなかなかやるわい」と思ったが、今年は主要賞を「東京タワー」が独占。

ちょっぴり、うーん…という感じだ。

以前も指摘したが、この賞、投票権を持つ人たちの大部分は日本映画製作者連盟加盟社、すなわち東宝や松竹、東映といったメジャー系映画会社の関係者たちで、どうしても受賞作品がメジャー系作品に偏る傾向にあり、とくに日本テレビで全国放送されているせいか、日テレに気を使っているのか、日テレが出資した作品がノミネートされ、それがそこそこの秀作だった場合、それに賞が集中する傾向がある。

それは11年前の「Shallweダンス?」、2年前の「ALWAYS三丁目の夕日」が独占したことでも明らかだ。

今年のノミネートを見ても「?」な作品が混ざっている。本当に面白かった「キサラギ」はよいとしても、「眉山」など、犬堂監督作品とすれば同年公開の「黄色い涙」の方が作品的にはいいと思うし…。

「キサラギ」が選ばれててるのに、どうして「夕凪の街 桜の国」や「天然コケッコー」「サッド・ヴアケイション」「しゃべれどもしゃべれども」などは選ばれないのか?やはり、メジャー系に偏っている。


そして、今回も日テレ出資の「東京タワー」が独占し、主演男優はこれもまた日テレ出資の「ALWAYS続・三丁目の夕日」の吉岡秀隆さんという結果。うーむ、日テレ系大爆発だ。

キネ旬はじめ、他の映画賞で主要賞を独占した「それでもボクはやってない」は今回は助演女優賞のもたいまさこさんのみ。

まあ最近の「それボク」のあまりにもすごい独占ぶりは「?」だっただけに、この結果はある意味では「アリ」なのだが「それボク」は実は日テレのライバルのフジテレビ出資。オダギリジョーも「他の作品と思っていた」と言っていたが、ちょっと日テレ系偏重が露骨な気がした。

でも、感動したのは主演女優賞の樹木希林さんのスピーチ。急逝した市川監督に敬意を表したうえで日本映画の未来を語り、「この賞が名実ともに素晴らしい賞になることを祈念します」旨の発言は、本当に素晴らしかった。

いろいろ書いたが、何だかんだ言っても「日本アカデミー賞」は、日本の映画賞のうち、唯一、ゴールデンタイムにテレビが全国に放送する映画賞なのだ。

だから、映画ファンはともかく、一般の人にとってはこれが一般的な認識としての「映画賞」なのだ。だからこそ、意義も深いし、映画人の方々も受賞すれば素直に嬉しいのだと思うし、僕たち映画ファンも高く評価している。

その辺りが樹木さんの「名実ともに…」のスピーチに凝縮されていたような気がした。

だからこそ、アカデミー協会会員の皆さんには、自社の呪縛にとらわれることなく、作品的な評価で選んでほしいし、その努力をしてほしい。そういう意味では昨年はいい傾向だったのに、今年はちょっぴり残念な気もする。

でも、もちろん「東京タワー」はいい作品であり、作品賞に値する、素晴らしい作品だと思う。ただ、周囲を見ると、どうも偏っている感はぬぐえない、というのが今年の素直な感想だった。





0



2008/2/21  18:01

投稿者:おたっきー

劇団厳流第二級東京支部長さま、…Aさま、朱色会さん、MOTOさま、コメントありがとうございます!

なぜか自分のブログなのにコメントの投稿ができず苦しんでいて、皆様のコメントへの気持ちは記事の「日本アカデミー賞発表!」として書かせていただきました。

投稿できない件は解決しました!!!

皆様の映画への「愛」に感激です!

2008/2/16  21:41

投稿者:MOTO

幼い頃映画を年に数本しか見ていなかった私でも毎年この日本アカデミー賞授賞式は注目していました。
しかしそんな賞が公正に選ばれていない現状に悲しくなりました…
映画作りに携わっている多くの人の思い、熱に触れたいのに…映画を好きで見ている一人として悔しいですね…
「名実ともに」輝かしい賞となって欲しいです!!!

2008/2/16  17:01

投稿者:・・・A

仕事で冒頭しか見れませんでしたがアナウンサーの質問は本当に稚拙だと思います。もっと役者の方の引出しから引っ張り出してほいい!と思っていました!個人的に吉岡さんは好きですが娘曰く、彼の受賞に
何だか役者さん達が苦笑しているような雰囲気が感じられたけど!?と言っていましたが・・・。どうだったのでしょうか
私達は 偽りではなく 本物!!本当の事が知りたいのです
権威あるアカデミーであってほしいと思います。






2008/2/16  15:17

投稿者:朱色会

まったく言われる通りです。

http://blog.so-net.ne.jp/shuseki-kai_org/2008-02-15

2008/2/16  14:16

投稿者:劇団巌流第二級東京支部長

おたっき〜さんの指摘のとおり授賞式は回を重ねてその傾向が強くなっているのを感じます。アカデミー会員が本当にすべての映画を観ているのだろうか?日本テレビの演出意向どうりにすすんではいまいか、協会自体が年々会員数が減っている傾向にあるということを聞いています。テレビ視聴率も下降気味。司会者たちの俳優への意味の無いバラエティーの用な質問はあまりにも稚拙です。
番組は視聴率重視のため監督やスタッフへの敬意はほとんど無しに等しく、映画フアンの本当に観たい授賞式への期待とは裏腹に、日本テレビの番組記者会見場と大差ない。映画は俳優だけで作っているのではありません。樹木希林さんの受賞スピーチがすべてを言い当てていると思います。彼女が式の最中に「帰りたい…。」と漏らしているのはこういうことなんだと理解しました。そのようなことを感じて観ていると、今回の式典会場の雰囲気もかなり地味にみえます。テレビの視聴者は本当の映画人による日本映画の祭典を観たいのではないでしょうか!それを日本テレビが中継するだけでいいのではないでしょうか。アメリカのアカデミー賞をまねて作った賞でしょうが、あまりにも日本側の方はかけ離れていってる感があります。本当に日本映画の映画人や、これから俳優や製作者を目指している人々の夢やあこがれになってほしい!痛切に思う昨夜でした。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ