チーム・バチスタの栄光  新作レビュー

見た日/2月某日 ★★★

この作品、まず観ようと決めたのは、中村義洋監督の新作だから。

中村監督の前作「アヒルと鴨のコインロッカー」は、近くDVD・ビデオレビューでじっくり取り上げたいと思うが、この監督さん、「ルート225」(これも面白い!)もそうだったが、テンポ感やユーモアの描き方、トリッキーな見せ方がなかなか秀逸で、今、注目される監督の一人だと思う。

雑誌などの情報によると、監督には自主映画時代からの盟友の脚本家がいるものの、今回は脚本やキャスティングなど、ある程度出来上がってから、監督の手腕を買われての登板だっらしい。

そういう意味では、これまでの作品に比べると“中村色”は若干薄いものの、会話や物語の中にさりげなく挿入するユーモアの巧さやキャラクターの描き分け方、後半のトリックが明らかになる展開部などは、中村監督の手腕を見せてくれる。

原作は未読だが、かなり膨大な原作なのだろうから、当然映画ではそのエッセンスを凝縮しているだろうし、その点、原作ファンは消化不良な点があるかもしれないが、僕は一本の映画としてとてもよくできているし、面白いと思った。

お話を病院内に統一し、あまり広げないのも物語全体を締めていてよかった。探偵役の阿部寛、竹内結子はこれまでのキャラクターの範囲内ではあるが、2人が持つ魅力が十分に出ていて安心して見られる。

手術シーンもきちんと見せていて、これはテレビではなかなか難しいだろうから、映画ならではの醍醐味も味わえる。犯人探しの見せ方も映画的に工夫していて、興味をそそる。

ナチュラルなものの見方をする竹内結子扮する精神科医が、事件を通してちょっぴり成長する様が物語のいいエッセンスにもなっていて、阿部寛扮する強烈なキャラクターの役人との対比もあって、描かれているテーマは重いものの、見たあとの感じは意外と心地よい。

竹内結子は、本当にいい映画俳優になったと思う。もうテレビドラマなどには出ずに、映画一本で頑張ってほしい。ただし、同じような役柄ではなく、「サイドカーに犬」のように、もっともっと演技の引き出しは多い女優さんだとは思うので、いろいろな竹内結子が観てみたい、と思う。

さて、7人のチームバチスタや病院長などのキャラクターはもう少し説明と掘り下げが欲しいところだが、説明過多になる恐れもあるのだろう、そこはキャスティングの妙で上手く切り抜けている。

7人の専門医や看護師たちはよ〜く吟味してキャスティングされている。中でも天才外科医役の吉川晃司がいい雰囲気を出している。久し振りの映画出演だが、彼はスクリーンがよく似合う。「シャタラー」なんてトンデモ映画もあったが大森一樹監督のセンスが抜群だった「すかんぴんウォーク」が懐かしい。


★4つか3つか悩んだが、後半の展開に性急さを感じてしまい、ちょっと物足りなかったのと、どうしても中村監督の前作に比べてしまうので★3つ。でも、最近の一連のテレビ局が絡んだ大作娯楽日本映画群の中では、抜群に面白かった。
0



2008/2/23  1:40

投稿者:おたっきー

…A様、MOTO様、コメントありがとうございました。

中村監督、1970年生まれなので、まだ30代なんですよねー。

本当にこれからが楽しみな監督さんです。次回作の「ジャージの二人」も面白そうです。


2008/2/22  21:40

投稿者:MOTO

私も「アヒルと鴨のコインロッカー」を見ての鑑賞。
中村監督のユーモアとシリアスなシーンのバランスが良くてミステリーなのに見終わった後は心地よかったです。
事件解決のヒントの散りばめられ方も素晴らしく感じました。

キャスティングも良かったです。中でも私は吉川晃司さんが表面では冷静で冷たいイメージながら人の命を助けたいという強い思いを持っている役にはまっていたように感じました。

バチスタ手術など医療用語の説明の仕方も分かりやすく好きでした。

2008/2/22  10:04

投稿者:・・・A

私も 「アヒルと鴨のコインロッカー」が、構成の巧みさと素晴らしく計算された裏切りにあい面白かったので見てみようと思いました。
竹内結子さんのような ホンワカしたお医者様が本当にいるのかどうかはわかりませんが、彼女の雰囲気と阿部寛さんの持ち味でシリアスな医療ミステリーだけにならず、楽しんで見ることができました。見ていて安定感と安心感を持ってみれました。

「アヒルと鴨のコインロッカー」を引きずったまま見ていたせいか 安定感と安心感だけでは 物足らない私がいたのも事実です。

凄く面白かった!けれど星3つに賛成!?私も同感です。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ