L change the World  新作レビュー

見た日/2月某日 ★★★

娯楽映画として面白いんだけど、微妙なのも事実である。

この映画、正直「デスノート」の前編と後編を見ていないと「面白い」とは思えない。

何故ならば、この映画は観客がこれまでの2作品で描かれてきた「L」というキャラクターに魅力を感じている、ということを条件に作られているから。

そうじゃないと、原作のキャラクターはあまり知らないが、本来街を練り歩いたり、格闘するようなキャラではないLだからこそ、この映画はそんなL(=松山ケンイチ)の意外な魅力を発見してほしい、というような作り手の意識が垣間見える。

正直、松山ケンイチの役づくりはもはや「職人芸」であり、こうなったらシリーズ化して「Lはつらいよ〜甘物旅情編」なんて作ってほしいところだが、今回のスピン・オフ企画は松山ケンイチの魅力は伝わるものの、そんな作り手の意識は、正直失敗していると思う。

「映画」「物語」としては、松山ケンイチやLというキャラが好きな人以外はかなりキツイ。いや、Lファンにとっても許せない、という人は多いだろう。

最大の要因は、やはり脚本と監督の交代にあるのでは?と思う。本来のデスノートシリーズから離れるのだから、シリーズの魅力だったLと敵の頭脳戦にならないのは分かるにしても、敵の設定が荒唐無稽すぎるし、キャラが浅すぎる。

バイオテロ、という大風呂敷を広げても、敵キャラの掘り下げが薄いため、それに立ち向かうLも少々キツイ。折角、高嶋政伸や工藤夕貴らがいい演技を見せてくれ、とくに工藤さんは流石ハリウッド仕込みで堂々たる悪役なのに、ちょっと残念。もう少し敵側の物語を掘り下げれば、いくらでも面白い話が作れると思うのだが…。

中田秀夫監督は、これからの日本娯楽映画界を支えていく監督さんだと僕は思うが、今回はちょっと分が悪かった。やはり、これまでのLや「デスノート」映画版の世界観を作り上げてきた金子修介監督が続投した方が、よりファンが納得した作品になったのではないか、と素直に思ってしまった。

ただし、途中でのホラー描写やクライマックスの飛行機のシーンなどは中田監督がなかなかの冴えを見せてくれ、なかなか楽しませてくれる。

日本では珍しいスピン・オフ企画だし、こういう試みは面白いと思うだけに、少々残念ではあったが、これはこれで、と思わせる映画ではあった。

★は本来は2つなんだけど、松山ケンイチの頑張りと工藤夕貴のセクシーな黒いスーツ姿に星を1個追加。
0



2008/3/22  17:08

投稿者:おたっきー

…Aさま、コメントありがとうございます。

確かに、従来の「デスノート」と違うアプローチ、という点では興行的にも成功したのでしょうね。

中田監督の起用も、Lの違う魅力を見せる、という意味では、批判的な意見も含めて作り手の思いの想定内だったのかも、ですね。

ということは、ご指摘のように、我々もウィルスにやられちゃったのかな。

2008/3/11  9:19

投稿者:…A

[その3です。前回の投稿で“すみません”が“とみません”になっていました。“すみません”。(笑)]

いろいろ書きましたが、確かにそこに、私の会いたかった『L』はいました。

そしてふと思ったのです。

初日に見に行ったのですが、劇場はほぼ満席でした。
前作のデスノートは確かに面白かった…『L』も確かに見たかったけれど、こんなに『L』にワクワクしたのは恐るべし 大宣伝!!
練りに練られた戦略ウイルスに、私もやられたのだと思いました。これからも 楽しんでやられちゃおう!と思っています。宣伝部頑張れ?
大宣伝のない映画で良作がたくさんあります。おたっきーさん頼りにしていますから教えてくださいね!更新頑張ってください。


2008/3/11  9:13

投稿者:…A

(時間が経ちとみません。その2です)
そんな中で前作と変わらないスタンスで『L』を演じてくれた松山ケンイチさんは本当に凄いと思いました。特に電車の中でのおサルさんのような可愛らしさやスクリーンに写し出されるアップに満足!
福田真由子ちゃんもTBSの『白夜行』で知り、とても迫力のある子役だと注目しています。最近は『母べえ』『奈緒子』の鶴瓶さんや『チームバチスタの栄光』の田中さん等の芸人さんが活躍されていて素晴らしい存在感を出されています。
緊迫の逃亡シーンで登場するFBiの駿河役の南原さんが出てきた時に 「あれ?なんで南ちゃんがここに?!」と現実の世界に引き戻されてしまいました。強烈な個性があるというのは大変な事ですね。
(その3に続く)

2008/3/2  9:21

投稿者:…A

(長いので分けて書きます)
この映画は『L』に会う為に見に行きました。
スピンオフ作品ということもあり 間違ってはいないはず…なのに 何故か座りが悪く 二階堂教授の絶命のシーンでは、はっきりと違和感を感じてしまいました。(俳優さん達が感染していくシーンでは出演者が楽しんでお互いの見せ場を競いあっているようで私の気持ちはすっかり置いていかれたのでした。)まるでホラーじゃない?と感じた時に 『リング』等で有名な中田監督だったことを思い出しました。閉塞感と緊迫感が頭脳戦の『L』の存在を際立たせていたので私的には残念です。スケール感を演出しょうとするとストーリーが小さく見えてくる気がしました。(その2に続く)


コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ