バンテージ・ポイント  新作レビュー

見た日/3月某日 ★★★★

これは面白い!!超オススメ!!!である。

最近見たハリウッドのアクションではベストに入る。

アイデアが効いている作品で、脚本が実によく練られている。「映画は脚本」という基本的なところを、今更ながら確認させられる、よくできた映画だ。

大統領の暗殺事件の発生から顛末までを、まずテレビクルーの取材映像で全体的に見せておいて、今度は登場人物それぞれの視点から巻き戻して見せる。

その巻き戻す数、実に8回。巻き戻すたびにセリフや登場人物は重複していくのだが、それぞれ違う人物の視点で描いていくので、各エピソードごとに主人公が変わっていき、我々は8本のショートムービーを見ているような感覚になる。

それでいて、8回同じ事件を、別の視点で繰り返しながら、段々事件の真相が明らかになっていく展開は見事。ひとつひとつのエピソードにワクワクしながら、やがてクライマックスにつながる流れも自然で、俳優たちの演技、演出もなかなか秀逸。

クライマックスに用意されているアクションもなかなかの大迫力で、これも近年のカーアクションではかなりの高水準だ。

黒澤明監督作「羅生門」と比較したレビューも多くあるが、一つの真実が全く異なった角度から別々に語られる、という手法とはまた少し違う。まあこれは今後のアクション映画の一つの見本にはなるだろう。恐らく似た映画が続々と出てくると思う。

見終われば、力技でねじ伏せた感もあるし、帳尻合わせのようなところもあるにはあるが、見ている間はそんなことはぶっ飛ぶ、快作である。

ちょこっとしか出ないシガニー・ウィーバーは置いておいても、デニス・クエイド、ウィリアム・ハート、フォレスト・ウィッテカーなど、名だたる名優たちも好演。

これだけ有名俳優を揃えているのに、ヤフーのレビューで「有名な俳優がいないにも関わらず面白かった」という、ちょっとビックリな評があったが、これは物語に俳優たちが馴染んでいる、という証拠なのだろう。

しかしこの映画、上映時間は90分である。これだけ短いのも最近は珍しいが、変に重厚にしなかった点も成功した要因だろう。しかし、心に傷を負った主人公の再生やさりげないテロへの主張など、作り手の気持ちはきちんと練りこんであるように思った。

0



2008/4/5  5:11

投稿者:おたっきー

…Aさま、コメントありがとうございます。

正に、ジェットコースタームービーでしたね。

これも映画館だからこそ味わえる、映画の醍醐味です。

「面白かった」と単純に心の底から思える作品が最近は少ないので、貴重な作品だったと思います。

2008/4/4  4:14

投稿者:…A

面白かったです!
まるで ジェットコースターに乗っているかのようでした。
年齢を問わず楽しめる作品なのではないでしょうか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ