古厩監督の新作『ホームレス中学生』に決定!  映画つれづれ

「ロボコン」で僕を再び映画に導いてくれ、佐々部監督と並ぶ僕の大恩人であり、先の傑作「奈緒子」では青春映画の旗手として健在ぶりを発揮してくれた、我らが古厩智之監督の最新作が、ついに明らかにされた。

スポーツ報知でスクープされたもので、それはあのベストセラーを映画化する「ホームレス中学生」だ!!

詳しくはコチラ↓

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20080324-OHT1T00052.htm

主演は、何と、WATの小池徹平氏。中学生役というからスゴイが、繊細な描写が得意な古厩監督のこと。恐らく小池氏の魅力を最大限に引き出してくれることだろう。

今月下旬、沖縄でクランク・インとのこと。公開は秋らしいが、古厩監督にとって「ロボコン」以来の東宝作品であり、注目度も高いだけに、是非、ヒットしてほしい。

原作は面白いものの、ともすれば悲惨な話にもなるし、ビンボーだけを強調されるとキツイお話にもなりかねない。

恐らく東宝は古厩監督ならその辺りを上手く料理し、ユーモアとペーソスの中にもきちんとした「青春」や「痛み」を描いてくれる、と期待したのだと思う。

その選択は正しいと思うし、その手腕は「さよならみどりちゃん」「まぶだち」などですでに証明もされていると思う。

公開は秋ということで、秋には佐々部監督の新作「三本木農業高校、馬術部」も東映で待機している。

東宝と東映でこの2つの作品が揃うとは。2003年「チルソクの夏」と「ロボコン」に熱くなった、あのときを思い出す。

またワクワクする作品がラインナップに加わった。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ