海猿 THE RIMIT OF LOVE  新作レビュー

見た日/5月某日 ★★★★

 東宝とフジテレビがこれまで取り組んできた、マーケティングを徹底し、今の観客のニーズに応える商品づくりとしての「映画」として、ある面、最高の作品だと思う。ともすれば、そういう取り組みと、作品の面白さや評価は一致しないものだが、この映画は「面白い」ということでも徹底していて、そういう面の先輩のハリウッド大作映画が最近元気がないことを考えると、こういう映画が日本映画で出てきた意義は大きい。そういう意味で星4つ。

 後半の山場を何度も持ってくるベタベタな展開、鳴り止まない、ブラス主体で意識を高揚させる音楽、劇的な場面でのスローモーションの多用などなど、確かにあざといのだが、週末、「何か面白い映画を見ようよ」と映画館に駆けつけたカップルを感動させ、「あの映画よかったねー」「感動した」と言わせるには十分であり、満足すぎるぐらいだろう。

 もちろん単純に泣かせるばかりの映画だけじゃ困るが、日本映画全体の発展を考えると、大ヒットを狙い、観客が「面白くて感動できる」ために計算し、努力する映画は絶対必要だし、この作品はそこプラス、スタッフの苦労やキャストの気合も感じられ、見応えもあった。

 前作が「愛と青春の旅立ち」で、今回は「ポセイドンアドベンチャー」だったが、大規模なCGや特撮が使えない分、本物のフェリーと海上保安庁の全面協力による本物のヘリ、巡視艇の姿がかつてないスケール感も出している。全体をラブストーリー仕立てにしているのもいい感じ。

 ちなみに、このシリーズの脚本を担当しているのは山口県出身の福田靖さん!!「HERO」「救急病棟24時」などで注目された気鋭の脚本家だ。それも、僕の住んでいる街のとなりまち出身である。そのキャラクターの表現ではこの人は絶妙なダイアローグ力を持つが、今回も吹越満、大塚寧々演じる乗客の描写に、福田脚本の真骨頂を見た気がする。

 福田さんにはぜひ、山口を舞台にした本編の脚本を書いてほしい。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ