※ネタバレが含まれています。未見の方、御注意ください。

1971年製作の、スティーブン・スピルバーグ監督のデビュー作。この作品を撮ったとき、スピルバーグ監督はまだバリバリの20代だ。

もともとアメリカではテレビ映画として製作されたが、日本では出来がいいので劇場公開された。

広大な台地を車で走るビジネスマンが、タンクローリーを追いぬいたところ、追われる羽目となる、という、それだけの、実にシンプルな話なのだが、一気に最後まで見せる。

とにかく恐怖感を盛り上げる演出が上手い。緊迫感あふれるカットを積み重ね、見る者を興奮させてくれる。

恐らく、スピルバーグ監督は自分が面白いと感じた、ありとあらゆる活劇映画の体験をこの一本に込めたのだと思う。主人公を襲うタンクローリーは運転手の姿を一切見せず、サスペンスを盛り上げてくれる。

普通のタンクローリーかと思いきや、その巨大さを強調する細かいカット割りが重なり、次第に不気味さと恐怖感を出して行く。この辺の手法はヒッチコック風である。

ナゾの運転手はクライマックスでギアを切り替える手だけが写るが、そのタイミングがまた見事で、「これだけかい!!」と観客は地団駄を踏むのだ。

またチェイスのシーンなど、活劇の描写は黒澤明監督の「七人の侍」やジョン・フォード監督の西部劇も彷彿とさせる。タンクローリーがモンスター化していく辺りは、日本の怪獣映画の影響もあるように思う。

タンクローリーのホイールが外れ、巨大なタイヤに踏みつぶされていくシーンなど、実に計算されていて、スピード感とスリル、サスペンスが共存した、いい場面だ。

スピルバーグ監督は、最新作「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカラの王国」でも、チェイス・シーンの演出に冴えを見せている。どうカット割りをしたら、観客は面白い、と感じるのか、そのスキルは、この第一作目にして、すでに完成している。

余計なお話があったりして、決して傑作ではない作品も見受けられる昨今のスピルバーグ監督だが、もう一度、低予算のアイデアだけのアクション映画を、円熟味が増したスピルバーグ監督が撮ったらどうなるのだろう?

次元は違うが、クエンティン・タランティーノが「デス・プルーフ」なんて作品を未だに撮っていることを思うと、そんな空想もしてしまう。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ