ブラブラバンバン  DVD・ビデオレビュー

見た日/7月某日 ★★★

「吹奏楽」とは、クラシックやジャズ、ポピュラーなどと同じ、ひとつの音楽のジャンルである。

オーケストラのように弦楽器を使わず(コントラバスなど一部は使用する)、吹奏楽器と打楽器で奏でる音楽ジャンルを示す。

「ブラスバンド」とは、本来は金管楽器のみのバンドを指すが、日本の場合、吹奏楽全般を「ブラスバンド」と言うことが多い。学校では吹奏楽部のことを「ブラバン」「ブラスバンド部」と通称するし、吹奏楽をしている人の間でも「きょうブラスの練習があって…」などと会話で使うこともある。

この映画は、そんな吹奏楽部の“青春”を描いている。「スウィングガールズ」などの作品はあったが、ズバリ“吹奏楽”をメインに描いた映画はこれが初めてだろう。

全体的には「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」「フラガール」のように、役者たちが“吹奏楽”に挑戦している熱さと、その練習からにじみ出る迫力をひとつの柱として、物語を紡いではいるが、正直、役者たちの努力は買うもののそれまでの一連の作品ほどの“熱さ”は残念ながら感じられない。

わずか9人の部員たちが、大編成の名門校に挑戦する、という物語はアリなんだけれども、肝心のクライマックスの演奏が、純粋な「9人の演奏ではない」というのは、如何なものだろう。

以前の「歓喜の歌」もそうだったが、明らかにステージ上の編成、もしくは人々以外の「音」が加わっていて、それが観客にも分かるのだ。途中までは9人の音なのだが、演奏が盛り上がってくると、音に厚みが出てくる。それは演出上の効果として分からない訳ではないが、物語としては、あくまで少人数で観客や審査員を感動させている訳だから、リアルな“9人の音”で表現してほしかった。

「映画」としての次元が違うので、比べてはまずいとは思うが、「スウィングガールズ」が良かったのは、吹き替えやエキストラの演奏に頼らず、舞台上の役者たちの生音にこだわったからで、ラストステージの演奏を、冷静に聞くと実はかなりひどいものなのだが、ステージ上の高揚感とこれまでの血が滲むような練習の成果が物語と重なるからこそ、感動を呼んだのだ。

正直、「スウィング…」は物語上はコメディに重点を置いていて、どうして彼女たちが上達したのか、その辺りをすっ飛ばしていて、ラストの演奏のカタルシスが唐突な感じがする、という欠点もあったのだが、それを吹き飛ばすほどの演奏のパワーがあった。

大編成の他校に圧倒されながら、個性的な学生指揮者を中心に、段々部員たちがまとまり、コンクールに挑むところは丁寧に描かれているだけに、そこの“リアルさ”にはこだわってほしかった。

実際に、10人ていどの小編成でも、吹奏楽の場合、素晴らしい演奏で観客を驚かせた実例はたくさんある。吹奏楽は、各楽器の個性が調和するオーケストラとはまた違い、吹奏楽器同士ならではの、音が溶け合うのが最大の特徴で、上手下手を超えて、アマチュア団体の真剣で熱心な演奏は、時折、プロを凌駕するほどの感動を呼ぶ。

全国の隅々まで吹奏楽が浸透し、毎年コンクールも盛んなのは、その吹奏楽の魅力に追うところが多いだろう。僕もその一人で、高校一年生から39歳になるまで、ずーっと吹奏楽と関わってきた。

「吹奏楽」に想いが強い分、いろいろ書いたが、ヒロインの安良城紅は魅力的だし、クライマックスの指揮のシーンは、彼女の音楽へのセンスのよさ、役上での楽しさも十分に伝わってきた。真面目な青春物の中に、エロティックな要素を入れ込んだのも、ほどほどのバランスが取れていて映画を面白くしていて、なかなかよかった。

部員たちのキャスティングもリアルで、吹奏楽の“楽しさ”もしっかり伝わってくる。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ