ハッピーフライト  新作レビュー

見た日/11月某日 ★★★★

矢口監督のこれまでの作品である「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」ほど大げさにならず、それでも娯楽映画としてはしっかり楽しめるように作られている。

お気楽な娯楽映画でありながら、それでいて、取材で得たウンチクや情報はしっかりと描き込み、かなりディティールを細かく描き、専門家が見ても唸るほどに作り込んでいる。こんな芸当は、なかなかできるものではない。これは大変な力量だし、矢口監督がこれまで作り込んできた世界の集大成とも言える作品になっていると思う。

航空機を使ったアクションという意味では、予期せぬアクシデントが起こり、それをパイロット、客室乗務員が必死に対応し、観客が反応する、というのは、これは航空パニック映画の王道。

その王道を、ハイジャツクなどではない理由で、それも航空会社全面協力という安全の範囲内で描いているのも凄いが、それだけに物語もよく工夫していて、飛行機を飛ばすためにどんな人がどんな仕事をしているのか、わかりやすく紹介してくれる。

多少おふざけが過ぎるところもあるものの、ウンチク物としても、娯楽映画としても面白い。それぞれのキャラクターがしっかりしていて、それぞれの人物の描き分けがいいので感情移入もしやすい。

どんな映画でも、きちんと人が描かれてないと、観客はつまんない、というのがよく分かる作品である。そういう意味では、岸部一徳、田畑智子、佐々部映画でもおなじみ田山涼成などは非常にいい味を出している。

ちなみに僕は最近、飛行機に乗る機会が増えていて、ANAはよく乗っているのだが、また今度飛行機に乗るときには、「こんな視点で見てみよう」と色々と思ってしまった。そういう意味では興味深い映画だった。

あと、綾瀬はるかは今年大活躍で、最も旬な女優の一人、ということがよく分かったが、「僕の彼女はサイボーグ」「ICHI」そしてこの「ハッピーフライト」と見てきて、作品ごとに彼女の別の魅力が発揮されていて驚いた。

この女優さんは、美しいだけでなく、等身大の魅力と、輝くようなオーラが混在する、不思議な魅力を持った人だと実感。演技力も確かだし、是非、このままの魅力を保持したまま、成長していってほしい、と思った。

そうそう、それから綾瀬はるか扮するCAの両親が使う方言はどう聞いても山口弁で、劇場でも大笑いが起きていたが、そんな裏設定があるのだろうか?知っている人がいれば、是非、教えてほしい。
0



2008/12/5  0:13

投稿者:伊達邦彦

ハッピーフライト観たよ〜。
実は「バブルへGO」のボディコンで吹石一恵さんに萌えてしまい、彼女目当てで観ちゃいました。
ミーハーですか?
何と云われようと構いません!

でも映画自体、楽しめましたよ。
丁寧に作られてるのがわかります。

配役も良いです。
寺島しのぶさんはいい女優ですね。
だからといってこちらには萌えませんが。
「愛ルケ」で実力は認めてます。

綾瀬はるかさんの方言は確かに気になります。
彼女の出身地が広島だから残念ながら広島弁かもね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ