闇の子供たち  DVD・ビデオレビュー

見た日/3月某日 ★★★★

DVDで、やっと見ることができた。

子どもの臓器売買、幼児買春をテーマにした作品。原作は小説で、映画もあくまでフィクションということだが、子どもの臓器売買の実態は分からないけれども、幼児売春の描写は現実的という指摘がある。

タブーに挑戦した、という意味で、この映画が製作された意義は大きい。撮影も大変だったと思われる。かつて、この映画と同じテーマで映画を作ろうとした海外のクルーが襲われた、ということもあったという。

以前、アジアでの臓器提供の現実を専門に研究している大学の教授を取材したことがある。その先生は現地調査を何度もしていて、その実態をアメリカの国会で証言したこともある。

そのとき、中国やインドでの衝撃的な臓器提供の実態を聞いて驚いた。中国では犯罪を犯した人たちの臓器が提供されていた例があったのだという。

この映画も、フィクションということではあるが、大人の欲望や利益のために、本来なら未来あるはずの子供たちの生命が簡単に扱われている、または扱われてきた、ということは事実として世界のどこかであったことだろう。恐らく過去も、そして現在も、どこかで起きているのかもしれない。

この映画で扱っている、組織的なビジネスとしての犯罪ではなくても、日本でも、子どもが犠牲になる痛ましい事件は、後を絶たない。あらゆる犯罪において、常に弱者である子どもが標的にされているという衝撃を、我々はどう受け止めればいいのだろうか、と思い悩んでしまう。

この映画の中で、子どもたちの臓器売買と幼児買春と対時していくのは、主に現地在住の新聞記者、若い女性のNGO職員、バックパッカ―的なカメラマンという3人の日本人だが、取材という形で事態が明らかになっていく過程は、ドラマとしても見応えがあり、阪本順治監督の手堅い演出が光る。

目の前の犠牲を救うよりも、事実を公表することで全体の連鎖を止めるしかないと考える新聞記者、真っ向から正義を主張する女性のNGO職員、自然体だったのが、撮影を通して現実を知りがく然とするカメラマン…とその3人の受け止め方は様々だが、それは同時に「闇の子供たち」に出会っていろいろな考えや思いに揺さぶられる、我々観客側の受け止め方でもある。

やがて、映画は衝撃的な結末を迎えるが、このラストは、貧困など国の「社会」が生んだと思われていた「闇」は、実は人の心の「闇」であることを、示唆してくれる。

人間の心に「闇」がある限り、こういう恐ろしいことは、どこの国でも、どの時代でも、起こりうるということを示している。

その「闇」は、僕の心にもある。


0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ