「三本木農業高校、馬術部」DVD発売!  佐々部監督の世界

佐々部監督の作品で、昨年秋に公開された「三本木農業高校、馬術部」がついにDVDとなり、レンタル&発売が開始されました!!

僕も注文していたDVDが届き、改めて作品を鑑賞しましたが、やっぱり、いい!!!です。

青森の風景が季節ごとに変わっていくたびに、主演の長渕文音さんの顔つきが変わっていく。これはもう、ドキュメンタリーです。

馬の出産シーンは本当の出産を描いていて、俳優さんたちのリアクションは、本物です。

馬を扱った映画ではありますが、ありがちな動物ものではなく、自然な高校生たちの悩みや日常を通して、馬と人との関わりが静かに、そして深く描かれていきます。

そして、自然もまた、ドラマの一部になっている、ということ。先日、ある映画を見て思ったのですが、どんなに自然がきれいに撮影されていても、物語の本筋から浮いていると、何の意味もありません。

先日鑑賞した「剱岳 点の記」でも思ったことですが、作り手が、何のためにこの映像の背景にその風景を撮影するのか、なぜ、自然を背景に物語を描くのか。そして、それらを背景にして俳優さんたちに演技をしてもらう意義や演出の意図は何なのか、そこら辺りはかなり重要なんだな、と思いました。

この辺りが、この「三本木農業高校、馬術部」では、しっかりと描かれています。ヒロインの感情に観客の気持ちが寄り添えるからこそ、十和田の風景が心に染みいる。四季折々の風景は決して独り歩きせず、きちんと映画の中に俳優のように息づいています。

とくに、冬ロケの駅のシーン、これに続いていくラストに至るカットは、素晴らしいです。そのあとに流れる主題歌も、とっても素敵です。

セル版にあるメイキングも必見です。是非、レンタルでも結構ですが、できれば、購入してご覧ください!!質は、マニイが保証しますよ!!

1



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ