ROOKIES  新作レビュー

観た日 5月某日 ★★

映画って、主人公たちに対する「対比」が必要ではないか、と思う。とくにスポーツ物の場合、そこを吹き飛ばすのはどうだろうか。

野球は、試合の相手があって成り立つ。相手を吹っ飛ばして、チーム内で泣いたり、ケガをしたりしても、何だか独り舞台のようだ・・・と思うのは、僕だけだろうか。

原作コミックでは、相手となった笹崎高校のドラマが、きちんと描かれている。

かつて自分が選手であり、挫折も味わったからこそ、笹崎の監督は管理野球を徹底している。かつて天狗だった川上投手を育てあげ、選手たちの苦悩も十分理解している。

その中で、破天荒だが、ひたすらに熱く、バカのように立ち向かう川藤監督、そしてニコガクナインに心動かされ、やがて熱く、戦っていくのだ。

この「対比」があってこそ、ニコガクのチーム内のドラマも生きると思う。だから、テレビのドラマを見てないと、何故彼らがそこまで「夢」に対してひたむきなのか、今一つ理解できない。

もちろん、この映画だけでもストーリーや背景は分かるように作られてはいるが、どうしてもドラマを見ないと補完できなくなっていのは、テレビドラマの映画化である以上は仕方ないだろう。

クライマックスでボロボロに泣く球児たちは感動的だが、こちらは感情移入して観ている訳で、状況的に、まだ試合は終わってないし、観ている方がハラハラしてしまう。これだと試合は中断してしまうし、もし打たれたらどうするのよ、と。

「映画の中の人物が泣いちゃあ、いけませんよ。見ている人は泣いてもいいけど」とは、降旗康男監督の言葉である。スクリーンの中で展開される感動的な物語や情緒に泣かされるならともかく、登場人物のストレートな「涙」に「泣く」のは、これは「映画に感動する」ということとは、ちょっと違うように思う。

散々いろいろ書いたが、作り手と演じている俳優さんたちの熱さと真摯さは、きちんと伝わる。

僕の息子たちがこのドラマの大ファンで、映画も初日に観に行って大感動していた。

僕も息子たちに付き合ってテレビシリーズは全話観ていて、そういう僕も、最後は、不覚にも涙が止まらなかった。

この映画を小中学生たちが観て感動するのは、いいと思う。スクリーンならではの迫力もある。ただし、こういう映画ばっかり、というのも、ちょっぴり困るような気がするのだ。

5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ