魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー  DVD・ビデオレビュー

見た日/最近 ★★★

 めでたいことで、東映のスーパー戦隊シリーズが今の「轟轟戦隊ボウケンジャー」で30作目を迎えた。このシリーズは、時代劇〜アクションと続く東映の歴史を踏まえた子供向けのヒーロー番組であり、研究すると、実に面白い面がある。その辺りは、このブログで新たに設けた「トクサツ魂!!」のカテゴリでいずれ詳しく論じたい。

 さて、このシリーズでは、シリーズ終了直後、Vシネマで現役戦隊と前戦隊の共演物をリリースする、というのが定番になっている。この「魔法戦隊マジレンジャーVSデカレンジャー」は現時点でのこのシリーズの最新作だ。

 「デカレンジャー」も「マジレンジャー」もテレビシリーズはかなり面白かったものの、劇場版は両作品とも出来が今一つだったのでこの「VS版」は心配したが、特にデカレンジャーのファンだった人にはたまらない内容になっていて、非常に面白い仕上がりになっている。

 これも脚本が「デカレンジャー」メイン作家だった荒川稔久だった点が大きいだろう。物語は現役のマジレンジャーよりデカレンジャーの方が中心で、家族戦隊であるマジレンの世界観を借りて、デカレンの刑事たちが、それぞれ「自分にとって家族とは何か?」を問い、結論を出す、という展開は秀逸だ。

 スーパー戦隊シリーズは政府など公共組織よりは民間の戦隊が多く、敵が出ているのにどうして軍隊も警察も出てこないの?てな調子なのだが、デカレンジャーはヒーローたちを「警察官」と位置付けたため、このシリーズでは珍しく、ある程度リアルな物語が描けた。

 また「太陽にほえろ!」「特捜最前線」などの設定、物語をインスパイアし、上手く昇華させたこともドラマをふくらませた要因だろう。犯罪者VS警察というドラマは物語も作りやすかったのか、キャラクターの性格付けも明確で、テレビシリーズはどの回も傑作が多かった。

 マジレンジャーも家族が一致団結する後半は面白かったが、ここ10年の中ではやはり圧倒的にデカレンジャーの完成度は高かった。だからこのVS版でも現職よりデカレンジャーに物語のシフトが行くのは仕方ないだろう。

0



2006/6/15  21:49

投稿者:又吉

維新の志士たちと戦隊の組み合わせとても面白いですね。
私歴史弱いので詳しくないのですが、各キャラクターの性格をデフォルメして大げさに割り振るのも面白そう。なかなか意見が合わず合体攻撃がだせなかったり…

2006/6/15  21:46

投稿者:又吉

ありがたいお言葉ありがとうございます。
もし私どもが何かするときは必ずおたっきー様はキャスティングされてると思われますので是非ご協力お願いいたします。
本当は怪獣映画も面白いかなぁなんて思ったりしてるのですよ。
怪獣といっても巨大化した人間。巨大化したおたっきーさんやマダムやかぐせんさんが暴れまくるって何か楽しくないですか?
周南3大怪獣大決戦。収める為には周南にあるアレとアレとアレを探すのだ〜みたいな。

2006/6/15  16:39

投稿者:おたっきー

又吉さん、お久し振りです。

コメントありがとうございます。そう言えば、又吉さん製作のサスペンス映画にゲスト出演させていただき、もう1年以上経つのですね…。

さてさて、ボウケンジャー、雰囲気はオーレンジャーです。レッドがリーダー、というのも80年代っぽい。佛田特撮監督の技も今回はCGを極力抑えたミニチュア中心の力技で見せてくれます。この人、「男たちの大和」でもいい仕事していました!

「ハナセイバー」ですか…。頑張ってください。僕も昔、山口県オリジナルの戦隊物を考えましたよ。

 明治維新の恨みから江戸幕府の残党の怨霊たちが秋吉台に眠る化石群と合体し、蘇えり、怪物となって山口県庁を強襲。山口県全土が恐怖に怯え、無法地帯と化し、政府はついに山口県のみに戒厳令を施行!

 この未曾有の危機に、山口科学大学の佐久間博士は、吉田松陰、高杉晋作ら、長州出身の幕末の志士たちの魂を呼び起こし、強化スーツにそのパワーを封じ込めることに成功。県内の若者たちから選んだ5人にそのスーツを与え、怪物たちとの戦いが切って落とされた。

行け!維新戦隊 ライデンジャー!

…てな感じで。いつか、又吉さんの手で映像化してください!!ムハハ。

2006/6/15  7:57

投稿者:又吉

ボウケンジャーのアフレコっぽさが昔の戦隊モノの
雰囲気が出てて好きです。
地デジでワイド画面で見れるようになったので幸せも格別です。
ところで特撮と言えば、私とHAL-eどんとマダムがあの山口県の生んだローカルヒーロー「ハナセイバー」制作にご協力させていただく事となりました。
マダムはキャスティングされてましていったいどんな役になるのやら(まぁ演るとしたらアノ役しかないのでしょうが…)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~saizouok/

それと歌手のやまさきしんじさんと、商店街に人が少なくなった周南市を想い、ちょっとしたチャレンジをしてみました。もし何かで取り上げられる事がありましたらお願いいたします。
http://minmin.tv/
コレは携帯で撮った画像が即CMとして流れる楽しい企画です。

http://blog.livedoor.jp/heijigoto/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ