プライド  新作レビュー

★★★★

これぞ少女マンガの映画化!!と呼ぶにふさわしい怪作。

若い女優さんを魅力的に描くことは金子修介監督の真骨頂だが、満島ひかり、ステファニーという主役の2人が輝いている。

満島ひかりさんに至っては、金の鉱脈を掘り当てたような感じ。いわゆるオーバーなんだけれども、ケレン味の中にもさわやかさがあるのがよくて、この独特な存在感は凄い。

恐らく凄いことになるだろうな、と思っていたら、案の定、今作のほかにも「愛のむきだし」や「クヒオ大佐」などが評判になって、2009年度の新人賞を総ナメしていた。

男性の若手俳優さんでは、僕は濱田岳さんに大注目しているが、女優さんではこの満島ひかりさんだろう。金子監督が手掛けた「ウルトラマンマックス」ではアンドロイド役を好演していたが、恐らく金子監督はこのころから注目していたのだろう。

それぞれお金持ちと貧乏に生まれ育った少女2人が、「歌」で対決する。それぞれが「プライド」を掛けて、恋あり裏切りありの戦いの果てに待つものは…。正に往年の少女マンガの王道。原作は一条ゆかり先生だ。

ステファニーのヘタウマ的な棒読みセリフ回しも、お嬢様はこうなのよね的な納得をしてしまうが、彼女のゴージャス的な存在感もいい。本当のお嬢様かと思いきや、本来は歌手・アーティストと聞いてビックリ。

歌にも造詣が深い金子監督だけに、劇中の楽曲もいい仕上がり。ケレンミたっぷりの作品だが、俳優たちの演技も、お話のちとオーバーな展開も、バランスを壊すギリギリの線で調整、演出されていて、すこぶる面白く感じるように作っている点は、流石である。
1



2010/3/9  6:34

投稿者:マニィ

イソダコウイチさま、お久しぶりです。

「恐くて観れなくなりました…」ナルホド。確かに、同じ金子監督作品「デスノート」より、こちらの方がある意味、恐いかも。

満島ひかりさん…いいですよね。久しぶり、眼力がある若手女優さんに出会いました。

満島さん使って、昔の大映ドラマのようなものが観たい、と思ってしまった。

にしても、エリーのポーズで写真を撮るとは…うらやましい!

僕も、目黒祐樹さんに「ルパン三世念力珍作戦」のDVDにサインしてもらいましたよ!(何を張り合っているんだか…)

2010/3/7  18:31

投稿者:イソダコウイチ

途中辺りから恐くて観れなくなりました・・・
満島ひかりはホントいい女優さんですね。
昨年取材したときは、ついつい悪乗りしてエリーのポーズで写真撮ってもらいました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ