アカデミー&アカデミー&そして・・・  映画つれづれ

アカデミー賞が発表されました。

イラク戦争を描いた「ハート・ロッカー」が主要部門独占、とのこと。

キャサリン・ビグロー監督は、対抗馬と目された「アバター」のジェームズ・キャメロン監督の元奥さんということで、対決が話題になっていました。

従来5作品だった作品賞ノミネートが、昨年、興行的にも評価的にも高かった「ダークナイト」が入ってなかったという批判もあって、今年は10部門に増えたのだとか。

それで、娯楽性も高い「アバター」が獲るのでは、という予測もありましたが、結果的には芸術性の高い作品が選ばれたようです。

アメリカでは、ベトナム戦争のあと、兵士の内面を描いたり、批判的な作品が続き「ディアハンター」や、恐ろしくも素晴らしい「フルメタルジャケット」などの傑作が生まれましたが、最近、イラク戦争をめぐって、また内省的な映画が作られています。

こんなところに、ハリウッドの懐の深さも感じたりします。

…と言っても、「ハート・ロッカー」は未見なので、作品については言えませんが。「アバター」は3Dで観ました。キャメロン節健在で、嬉しくなりましたが、感想はまた書きます。

さて、日本アカデミー賞ですが、「沈まぬ太陽」が作品賞&主演男優賞。あとは主要6部門で「劔岳 点の記」が受賞したようです。

今年は仕事が忙しく、テレビ中継も見ていません。日本アカデミー賞に対しては、僕の感想やスタンスはこれまでも何度もこのプログで書いてきました。↓

http://white.ap.teacup.com/applet/otacky/msgsearch?0str=%82%A0&skey=%93%FA%96%7B%83A%83J%83f%83%7E%81%5B%8F%DC&inside=1&x=27&y=10

今年の結果を見ても「やっぱり」とは思いました。ニュースによると、鳩山首相が出てきて、作品を観てないのに「沈まぬ太陽」にコメントした、ということですが、これは一体何なのでしょうか。

どんなに忙しくても、その場に出てくるなら映画は観てほしいなあ、と思います。

素直に、作品賞は「劔岳」に獲ってほしかったなあ、と思いました。

・・・・で、今年度は総括もしてなかったので、ここで独断と偏見で選ぶ、「2009年度マニィ・ムービー・アワード」の発表です!!

●作品賞/「劔岳 点の記」(木村大作監督)
●監督賞/片淵素直(マイマイ新子と千年の魔法)
●脚本賞/君塚良一(誰も守ってくれない)
●音楽賞/藤原いくろう(ヤッターマン)
●アニメ賞/サマーウォーズ(細田守監督)
●主演男優賞/松田優作(SOUL RED)浅野忠信(劔岳 点の記)
●主演女優賞/綾瀬はるか(おっぱいバレー)
●助演男優賞/三浦友和(沈まぬ太陽)
●助演女優賞/深田恭子(ヤッターマン)
●外国映画賞/母なる証明

・・・・以上です!!

作品賞は、今年度はこれでしょう。

木村監督には仕事で取材もさせて頂きました。その情熱と映画への想いが、きちんとスクリーンで結実していました。

監督賞は悩みましたが、アニメ映画の秀作で、僕も少しですが関わらさせて頂いた「マイマイ新子」の片淵監督。技術的にも素晴らしく、練りこんだ脚本、無駄のない演出、これざ日本のアニメ映画の質の高さを感じさせます。

片淵監督からは直接、この映画への想いを伺いましたが、この作品には監督の映画への想いがいっぱい詰まっていて、いつまでも心に残る、深い深い作品になっています。

そうするとアニメ賞も「マイマイ」なのでしょうが、アニメならではの世界観という意味と、ワクワクする物語という、エンタテイメントとしてかなりの良質ということで、「サマーウォーズ」に。この作品も「マイマイ」も、マッドハウスの製作。ここの会社、質の高いアニメを作っています。

音楽賞の藤原いくろうさんは、佐々部監督作品「カーテンコール」の音楽を担当された方。従来の「ヤッターマン」の音楽の世界観を壊すことなく、既存のメロデイーを上手に現代風にアレンジしながらも、藤原さんらしいメロディアスな音楽もきちんとあって、そのプロフェッショナルなお仕事に感動しました。

松田優作さんは、ドキュメンタリーでも、スクリーンに登場すると、やっぱり映えます。自然体な存在感が素晴らしかった浅野さんとダブル受賞。

フカキョンは僕の趣味。綾瀬さんは、等身大の20代女性の悩みや戸惑いが伝わってきて、素晴らしい。三浦さんは、その存在感に文句なし。
4



2010/3/13  12:38

投稿者:マニィ

ナットマンま、いつもありがとうございます!

西川美和監督と鶴瓶氏は、いろいろなところで高く評価されているので、あえて入れなかった、ところはあります。

西川監督、日本の若手監督さんの中ではいちばん旬であり、実力があることに異論はありません。

早く次回作が観たいなあ、と思います。

「ディアドクター」の感想は、また書こうと思っています。

2010/3/12  0:40

投稿者:ナットマン

 マニィ氏とほぼ同じですけど、
監督賞には西川美和さんを、
主演男優賞には笑福亭鶴瓶氏が、
私の中での評価です。
(個人的に大好きな二人なので)

 それと、『誰も守ってくれない』は、
世間でもっと評価…いや。
もっと観て欲しい作品だと思うのです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ