必死剣鳥刺し  新作レビュー

★★★★★

いやあ・・・。
平山秀幸監督、やってくれました。
同じ原作者の「たそがれ清兵衛」に匹敵する、傑作だと思う。

「たそがれ」は、武士道の厳しさに「情」の部分が加味された傑作だが、この作品は物語が少々ストイックすぎるものの、僕はそこが大好きで、前半から中盤にかけて、主人公が段々厳しい様に追いやられるところがよかった。

脚本の構成から各シーンの俳優さんの演技、秘術に至るまで、かなり緻密に計算したうえで丁寧に演出し、作りこんでいることが伝わる。

最初に主人公が藩主の側室を城内で殺害するのだが、それがまったくのおとがめなしで、自宅での幽閉という裁きという展開。ここで、側室役の関めぐみさんに注目。テレビなどできれいな人だとは思っていたが、このキャスティングは意外だった。

それから、映画は過去にさかのぼり、側室の藩政への介入が明らかとなり、主人公の生きざまが語られていく。

ここで、登場人物たちの様がじっくり語られてはいくが、主人公がなぜ、側室を殺害したのか、その動機は、あえてはっきりとは描いてない。

観客に想像させるのびしろを与えながら、静かに物語が進行し、評判のすさまじい殺陣に結び付く構成がいい。

殺陣のシーンは短いが、かなり計算されていて、リアルで楽しめる。僕は「痛み」を感じられる映画は傑作、というのが持論だが、何よりこの映画の殺陣は「痛み」が感じられた。

職人たちが懸命に創り上げた日本映画の醍醐味が味わえる、という点では、過日の「孤高のメス」とも相通じる。

気がつけば、両方とも東映の製作・配給だ。東映さん、テレビ局にご機嫌を取ることをスッパリやめて、大人のための映画づくりにシフトしたように思えるが、この姿勢はまったくもって正しい、と思う。

豊川悦司氏、今年は「今度は愛妻家」に続いての頑張り。最近いいなあ、と思っているが、映画で輝いているからこそ、テレビの電話会社での軽いノリの演技はどうかなあ・・・と個人的に思ってしまうのでした。
4



2010/8/7  15:25

投稿者:マニィ

ナットマンさま、ありがとうございます。

こちらも、訂正しておきました。

恥ずかしい限りです。
今後、気をつけますね。

さて、確かにタイトルを見た限りでは、こういう内容の映画とは思えませんよね。

でも、タイトルって大事ですが、本当に内容のないタイトルよりは、まだこの方が意外性もあっていいかな、と思います。


2010/8/7  15:11

投稿者:マニィ

K−SASABEさま、ありがとうございます!

早速、「平山秀幸」監督に訂正しておきました!!

テレビ出演では、細心の注意を払って、作品名や出演者名を間違えないよう、留意していきます。

ご忠告、ありがとうございます。肝に銘じます。頂いた名鑑、大切にしています。

なのに・・・すみません!

さて、監督のご意見、ごもっとも、です。清兵衛に比べると、だらしないかも、ですね。裸になると、ぶよぶよだし。

ちょっと殺陣が突出した感はありましたが、全体の乾いた感じが、僕は好きでした。


2010/8/7  14:30

投稿者:K-SASABE

そうですか…

僕は「たそがれ清兵衛」の足下にも及ばない…そんな印象でした。
まず、主人公のストイックさが、清兵衛とはまったく。幽閉されて、すぐに差し入れのご飯は食べちゃうし、しまいには姪っ子の部屋に自分から行っては拙いのでは…。

殺陣は良かったですね。こちらは、清兵衛〜よりも良かった。
でも、やはりドラマあっての殺陣ですから…。

平山秀行監督ではなくて、平山秀幸監督ですよね。
以前、日本監督名鑑を差し上げたはずなのに…。
呉々もTVな出演などの折では間違えないように!

2010/8/7  12:40

投稿者:ナットマン

 私も内容に関して素晴らしいと思いました。
 ただ、私事で不謹慎なのですが、タイトルを
『鳥の串刺し』と勘違いしちゃってました(苦笑)

 どこのインタビューでしたか、
(たぶん笑福亭鶴瓶さんの話だったと思う)、
豊川さんは関西のご出身で、
普通に話している時も面白い方だとか。

 で、安さんではなく関めぐみさんですが、
『恋は五・七・五』『鴨とアヒルのコインロッカー』等でも
良いお芝居をしていらっしゃって、
個人的には山崎まさよしさん主演の
『8月のクリスマス』が好きです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ