十三人の刺客  新作レビュー

★★★★

工藤栄一監督の名作「十三人の刺客」を、三池崇史監督がリメイクすると聞いて、恐らく原作とは全く違うものになるのだろうな、と思っていたら、意外にも意外、確かにアクションは立派な三池印だけど、物語や全体を貫く芯のようなものはきちんと原作を踏襲していて、堂々とした作品に仕上がっていて驚いた。

最近、リメイクが多い。古今東西の名作をリメイクする意味、これは難しい。

例えばアメリカの場合、アメリカ人は基本的に自国がナンバーワンなので、英語以外の言語でアメリカが舞台じゃない映画をあまり好まない。だから、最近のハリウッドが英語圏以外の国の映画を盛んにリメイクする…この意義は分からないでもない。でも、オリジナルを超える作品は少ないのが現状だと思う。

そして、自国の名作、例えばモノクロームで作られたかつての傑作を、現代の技術や俳優さんを使ってリメイクする、という例も最近は多い。

これは、正直、意味があるかどうか、意見が分かれるところだろう。今は、かつての傑作や名作も、DVDなどで気軽に観ることができる。その映画が作られた時代的な背景や当時の作り手の想いもある。だから、先人たちが作り上げた結晶を、わざわざ今の時代に作る必要なんかない、というのが基本的な僕の考え方だ。

でも、もちろん例外はある。かつての傑作や名作を元に、リメイクという形ながら、新たな創作意欲にかられた現代の映画作家たちが「原作の魅力を生かしながら、新たな魅力に満ちた作品を創りたい」という気持ちは分かるし、そこから生まれる新たなる傑作・名作、というのは「アリ」だと思う。

そこのさじ加減は難しいが、ハリウッドではここ数年、そうした傾向の秀作が生まれている。当然、そこには旧作に対する尊敬、リスペクトの念が存在することが、こちらも楽しむ第一条件になることは、間違いない。

で、この作品だが、原作の良さを上手く生かしながら、三池監督の魅力も損なわないアクション娯楽時代劇に仕上がっている。

原作映画は、もちろん工藤監督お得意の集団抗争劇とも言うべきクライマックスのアクションが見物で凄いのだが、そこに至るまでの物語が実に秀逸で、武士の矜持というか、敵味方に分かれても、お互いの立場を尊重しながら戦う男たちの心意気であったり、息子と嫁が暴君に殺された武士が、意地に賭けてあえて切腹はせずに権力に立ち向かう姿などが胸を打った。

今回の三池監督版がいいのは、その原作版のポイントをきちんと押さえている点にある。ここは脚本の勝利だろう。いつも三池作品は物語が途中で破綻してしまい、そこがまた魅力だったりするのだが、今回は途中で物語も破綻せず、きちんと物語を構成していて最後までぐいぐいと見せてくれた。

原作映画をリスペクトし、原作通りにお話しを運ばせながら、三池監督らしいユーモアとバイオレンス色の強いオリジナルエピソードを交えながら、最後は三池監督得意の現代的?なアクション、爆破、殺陣シーンのオンパレードである。

あと、伊勢谷友介の存在などは「七人の侍」の菊千代を思わせ、前半の展開は「十三人の刺客」よりも「七人の侍」を意識しているのかな、とも思った。正直、十三人の描き分けはあまり上手とは言えないものの、そこは迫力でぐいぐい押していて、これは三池監督も確信犯だろうと思う。

役所広司氏は安定しているが、敵役の市村正親氏の存在感がいい。松本幸四郎氏はさすがに本物感がある。そして、意外だったのが、残虐な暴君を演じるSMAPの稲垣吾郎氏。一点の良心のかけらもない冷たい人間を好演していて印象に残った。

「十三人の刺客」公式サイト↓
http://13assassins.jp/main.html
3



2010/11/22  9:12

投稿者:マニィ

Shuwstさま、カールおじさんさま、ナットマンさま、ありがとうございます!

カールおじさんさま、最初、だれか分かりませんでした!見事な改名です!!(笑)

一本の映画で、見方って、いろいろあるんだなあ。改めて皆さんのコメントを読んで思いました。

そんな意見が僕のプログのコメント欄でどんどん出ていることが、とっても嬉しい、です。

矛盾しているようですが、皆さんの意見、それぞれ「そうだな」と思うのです。

そこまでやるか!とも思うし、しっかりとした原作(物語)を手に入れたこその、趣味性、ヘンタイ性とも思うし…。

Shuestさま“ダルマ”の描写は、確かに凄かったですね…。あれで復讐の動機づけが明確になった気がします。あのエピソーどは、もちろんオリジナル版にはありません。


カールおじさんさま、僕も同感です。谷村美月さんの眉隠し、お歯黒のメークにはびっくりでした。あれは江戸時代の奥様の一般的な外行きメークらしいですが、あれをやるとは…です。吹石さんの妖艶さもよかったですね。


ナットマンさま、最近、改めてオリジナル版を見直しましたが、松本幸四郎さんの存在感は、オリジナル版の役者さんを凌駕していたように思いました。

いずれにしても、もうバラエティを通り越して、別の次元に行ってしまった三池監督のこれからが、とっても楽しみ(不安?)、と思います。

何せ、次は実写版「忍たま乱太郎」らしい…。



2010/11/5  1:34

投稿者:shuwest

僕は、工藤版を見ていません。ですので、比較は出来ません。そこで、三池版自体で感想を述べれば…サイコー!!!!!!!でした!
結局、世にはびこっている“建前社会”を笑い飛ばそうとしているのだと感じました。
どんなに狂った暴君でも従わなければいけない侍の不自由…
どんなに悪行の限りを尽くしても殿様という身分の為に罰せられず、“生”を感じられない男…
全てが“身分”という建前の元に息苦しい中、全てを笑い飛ばす狂言回しの伊勢谷… 全てが圧倒的でした!
ゴローちゃんは狂った暴君として、それなりに評価が高く、僕もそれはそれで、高く評価していますが、やはりゴローちゃんの役も、時代の犠牲者だと感じました。
最期に「俺を殺すのか?感謝するぞ!」とのたまいますが、あれは殿様の本心だったと感じました。
何をやっても“生”の実感を感じられず、自分の存在意義ですら見失っていたからこそ、“痛み”の中で何かしらが見出せたのかもしれません。
そして、マニィさんも以前おっしゃっていた「痛みを感じる」という部分が、この映画にもあったことが素晴らしい!!
三池監督特有の“ヘンタイ性”も健在ですが、それを凌駕する、“ダルマ”にされた女性の苦しみ…
これほど胸に迫る描写はありません!!
ネット評では残酷過ぎるという感想や、ホラー映画みたいで嫌だ!!との評をチラホラと見ますが、僕らだっていつ“ダルマ”になるか分からない世の中。
好き嫌いではなく、いつ自分だってああなるか分からないという危機意識を僕は持ちました。
あのダルマに成らざるを得なかった女性の苦しみと、それでも生きていかなければいけない苦痛を思う時、一生胸に突き刺さるかも、と感じる位の悲しみと嫌悪感が僕の全身を貫いており、映画鑑賞2日経った今でも、苦しさが蘇ってきます。
やはりあの映画には、このグロさ=悲痛さがあるからこそ、身分に縛られた当時の人間達の悲哀がリアルに感じられるのではないでしょうか。
そして、当時の建前社会に嫌悪すると同時に、今だって同じかも…という戦慄も…
この映画は、三池監督のヘンタイ性が全面に出るのではなく、上手く物語りの主張と合致した傑作だと思います。

http://ameblo.jp/shuwest/

2010/10/13  16:50

投稿者:カールおじさん

工藤版の映画と三池版の映画の違いは「品格」の違いだ思いました。正視に耐えられない描写が多く、三池監督はC・G描写まで多用し、あえて正視出来ない描写を見せなければいけないのでしょうか?観客に見せなくても「その痛みを感じるような演出で描く」じゃだめなのでしょうか?その他にもあえて笑いを取ろうとしているシーンの描写が痛々しく、観るに耐えられないところが多かった気がします。伊勢谷さんが演じた役は菊千代にはなりきれず、完全に興ざめでした。三池崇史はただただケレン味だけの映画をこれからも撮り続けるのだろうか???バイオレンスだけではなく本当の人間ドラマを撮ってほしい!三池監督は今村昌平監督の弟子、この映画の脚本家天願大介は今村昌平監督の息子。二人で目指している映画はこれなのか??この映画の救いは女優陣のメークアップです。100年以上前のアルベール・カーンの写真集をみてるようで秀逸でした。メークだけでエロチシズムを感じました!

2010/10/3  17:56

投稿者:ナットマン

松本幸四郎さんの演じられた侍の『命の使い方』や、非情かつ非道な行いを冷淡に続ける稲垣さんの目つきに、私も魅入られてしまいました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ