さや侍  新作レビュー

★★★

松本人志監督・・・。

以前、このプログで、「大日本人」を紹介したとき、ある方から言われた。

「大橋さんのコラムを読んで面白そうだったので観に行ったら、まったく※※※(自主規制します)で、どうしてくれるの!」と。

本当に申し訳ない限りで、映画の受け止め方は人によって全く違うので、ごめんなさい、としか言いようがないのだが、このプログを見て映画や作品に興味を持つ方もいらっしゃるのだ、ということを実感した瞬間でもあったので、どんな作品であれ、僕の感じ方をしっかり素直に書いて、あとは判断していただこう、と思ったのを覚えている。

まあ、「大日本人」は観る人を選ぶ映画だった。それまでの物語をあえて無視してぶち壊し、オチをつけた方法には僕も唖然としたが、それもまた監督の狙いなのだろう。その「狙い」をどう見るかは、ファンの自由なのだが、一般的に受け入れられるかどうか、と言われれば様々あると思うし、否定の方が多いだろうと思う。

あの映画は、特撮物として見るとアイデアもよく、なかなかの出来上がりになっていて、日本特撮の鬼才・雨宮慶太監督も「見るべき特撮映画」の一本に上げている。確かに、あの「オチ」が気に入るかどうか、なのだが、円谷着ぐるみ特撮が好きな僕は「アリ」だった。ちなみに、DVDはスペシャルエディションを持っています・・・。

さて、この映画第3作目「さや侍」だが、何となく気になって鑑賞。2作目の「しんぼる」は触手が動かず、いまだに観てない。

なかなか面白かった、というのが素直な感想。さやしか持たず、脱藩した武士が、母君を失った若君を笑わす「30日の業」に挑む。1日1回の芸をして、30日の間に笑わせなければ切腹になる、という仕掛けだ。

主演の侍は一般のおじさんだという。おじさんには脚本も渡さず、シチュエーションだけ伝え、自由に演じてもらってそれをカメラですくい取る。そこに生まれる自由な面白さを狙う、という意味では是枝監督の子どもへのアプローチと、よく似ている。

この「30日の行(業)」、全然面白くない。

恐らく、面白くない、と観客が感じることを松本監督は計算しているのだろう。テレビならすぐにチャンネルを替えているところだが、入場料を払っている観客はそうも行かない。

業を行う主人公と同じで、観客も「業」に耐えるのだ・・・でも、実はこれがこの映画の味噌で、最後の最後に、主人公は登場人物たちと観客を裏切る行動に出て、そのまたあとに、意外ながら感動のカタルシスが待っている。

このカタルシスは、30日の業を耐えた観客にしか味わえない。すぐにチャンネルを切り替えられるテレビとは違い、「映画」であることを活用した、松本監督ならではの「映画」へのアプローチだろう。

松本監督はにくまれキャラらしく、週刊誌などでよく叩かれる。この映画も、週刊誌で北野武監督と比べて皮肉る記事を複数見たが、作品の内容の批評というより、誹謗中傷に近いものがある。こういうことに限らず、映画は映画を見てから批判してほしいなあ、と思う。

それらの記事の中に「松本監督の作品は映画文法を無視している」というのがあったが、そもそも「映画文法」とは何だろう。確かに僕にもある程度の映画の観方、基準というのはあるが、頭からそう決めつけて批判するのもどうだろう、と思ってしまう。まあ、いろいろな観方はあっていいのだけれど。

そういう意味では、松本監督ならではの「映画文法」が味わえるこの「さや侍」、僕には楽しかったのである。ただし、冒頭のギャグは不要だと思うけれど。もしかして、ここも観客に課せられた「業」なのかも。
2



2011/7/6  17:38

投稿者:マニィ

俊夫さま、ありがとうございます!こちらではお久しぶりです。コメントいただき、とても嬉しいです。

一種の動物虐待…確かにそうかも、ですね。野見さんに自由にやらせておいて、脇は計算して固める…松本監督、なかなかに「映画」とがっぷり四つじゃないか、と思いました。

「置きに行った」と言うより、映画をよく観ている松本監督だからこそ、の新たな挑戦なのでしょうね。

北野監督の感想…そうなんですね。「しんぼる」観てみます。

2011/7/5  20:18

投稿者:俊夫

能見ではなく野見さんでした。
ちなみに、大砲から海に飛び込むのもCGやスタントマンではなくご本人です!

2011/7/5  17:54

投稿者:俊夫

主演の能見さんは松ちゃんの‘働くおっさん劇場’などで結構知られた‘素人’さんでキャスティングされた時点から楽しみでした。

ダウンタウンファンの僕としてはあらすじを知った時に30個のコントが見られるというような期待をしたのですが、そんな浅はかな発想は松本監督の頭には無かったようでした。

一種の動物虐待にも思えた能見さんの業はともかく^▽^ラストの(熊切監督作品常連の)竹原ピストルさんの、ともすればクサクなりがちなシーンだけで‘観て良かった’と思わせてくれました。
‘無難にまとめた’‘今回は置きに行った’など批判されがちな松ちゃん監督ですが、倒れて来た風車を娘がガシッと支えたカットの見せ方だけでも僕には新鮮に映りました。
もっともカメラマンの近藤さんが素晴らしいのですが^▽^

‘しんぼる’は…、
あ、代わりに北野武さんが見られてスグの感想を^▽^
‘あいつ、ホントは社会派なのかなぁ’。

2011/6/27  11:55

投稿者:マニィ

太郎さま、ありがとうございます。

>時代考証や、キチッとした辻褄の合う物語ではなく、ファンタジーや御伽噺として捉えて頂戴よ。という宣言と僕は受け取りました。

…なるほど。そう思うと、しっくりきますね。

このあと、物語の重要な狂言回しとなる殺し屋たちも個性的でしたが、中盤からはある種、トリオ漫才のようなかけあいになって、実はよく練られてるなあ、と思いました。

お殿様と奉行のやり取りも、よく見ると絶妙で、門番の2人と娘のかけあいも楽しかったですが、素人の主人公に自由にさせている一方で、実は脇をしっかり固めている・・・じっくりと観客が映画館で楽しむ「映画」に対する、松本監督の新たな意欲を感じました。

太郎さん、また是非遊びにいらして下さい。コメントを頂き、ありがとうございました。

2011/6/26  7:13

投稿者:太郎

失礼します。
>ただし、冒頭のギャグは不要だと思うけれど。もし
>かして、ここも観客に課せられた「業」なのかも。

これ実は結構大事だと思います。冒頭の三人の殺し屋のシーンは、この映画に対する見方の前置き、説明と捉えるのがよろしいかと。

時代考証や、キチッとした辻褄の合う物語ではなく、ファンタジーや御伽噺として捉えて頂戴よ。という宣言と僕は受け取りました。

こういう前置きは大事ですよ。こういうのが映画文法だと思うんですけどね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ