SUPER8 スーパー8  新作レビュー

★★★

ちまたでは「グーニーズ」+「E.T.」なんて言われているらしいこの作品。

少年たちの物語にクリーチャー(怪物)や米軍の陰謀が絡んでくる、小さい町を舞台にした大規模な話なのだが、確かにスティープン・スピルバーグ監督の影響を受けて育ったJJエイブラムス監督が、スピルパーグ当人の製作というブランドを得て、スピルバーグ作品(製作作品も含む)へのオマージュを捧げまくった、ということは言えるだろう。

ただし、細かい点、たとえばクリーチャーの造形や徹底した迫力の列車事故のシーンなどに、これまでの作品でも見せてきたエイブラムス監督のこだわりぶりを見ることができる。

1979年。8ミリ映画(これがゾンビ映画なのだ)を撮影中の中学生たちが、線路そばの廃墟でロケ中、謎の列車事故に巻き込まれる。中学生たちは逃げるが、そのまま回っているスーパーエイトの8ミリカメラには、ある何かが映っていて…。

映像に映っている「何か」の正体をめぐって、まちが大騒ぎになり、子どもたちが巻き込まれていく。

子どもたちの冒険譚にSFスペクタルの要素を入れているが、映画の芯は少年期の「初恋」にあり、そこを軸に友情や親子の絆が描かれていく。

ストーリーテリングはさすがで飽きさせないのだが、出てくる少年たちのキャラクターはどこか類型的で、様々なエピソードが絡んできてもなかなかテンポ感が出ないまま物語が進行していき、全体的にはどこか大味な印象になった気もする。

ヒロイン役のエル・ファニングが魅力的。お姉さんはダコタ・ファニング。幼い中にもドキっとする艶やかな表情を見せていて、この映画の大きな魅力のひとつになっている。

映画にあこがれ、少年時代、8ミリ映画の製作に取り組んだ人は多いはず。僕も若干思い出があり、少年時代にスピルバーグ映画に魅せられたので、「わかるわかる」という感じでスクリーンを見つめていた。

ちなみに、日本ではコダックの「スーパーエイト」ではなく、富士フィルムの「フジカシングルエイト」が一般的だったはずである。

可笑しかったのは、少年たちが全員で「マイ・シャローナ」をうたうシーン。

1979年、僕は中学3年生だったが、この歌が大好きでよく大声で歌っていたのだ。で、友達からこの歌の歌詞がかなりHであることを聞かされ、それから聴いたり歌うたびに、妙に興奮したことを思い出した。

あのシーンで、生意気で頭の中は映画と女の子のことはかなかったあのころのことを思い出したのだった。

それから…俳優の少年少女たちが実際に撮影した、という8ミリ映画が流れるが、これはなかなかのできあがり。
4



2011/7/13  19:32

投稿者:マニィ

ナットマンさま、ありがとうございました!

あの監督(?)ですが、ハリウッドのキッズアドベンチャー映画に太っちょは不可欠ですよね。

あれでヒロインが太っちょに惚れればいいのに…小中学生時代、太っちょだった僕は、如実に思うのです。ハイ。

2011/7/10  22:29

投稿者:ナットマン

 先程観てまいりました。
 幸運にも(?)『E・T』も『グーニーズ』のどちらも、
作品のごく一部しか見ていなかったので、
素直にあの時代を懐かしく思い出しつつ観ておりました。
 主役と太っちょの監督(?)が、
ある意味、女の子へまっしぐらだった事が、
結果として彼たちを成長させたようにも思えました。

2011/7/6  17:32

投稿者:マニィ

俊夫さま、ありがとうございます!

僕も、宣伝で思わず観に行きました。

やはり何でも「全米No1」にしちゃうハリウッド的宣伝を信じちゃいけませんねえ。久々にやられました…。

正直、クリーチャー趣味とチープな陰謀話と少年たちの成長物語がチグハグなのですが、愛すべき作品にはなっているかな、と。

確かに、“グエムル”入っているかも、です。列車事故のシーンは凄かったですが、ご指摘の通り、あれが最大の見せ場になってました。

2011/7/5  17:35

投稿者:俊夫

予告編とかで‘ET’‘未知との遭遇’に次ぐSF大作、みたいな触れ込みに惹かれ初日に行きましたが…、見終わって久々に真っ白になりました。
列車が壊れていくシーンは‘さや侍’能見さんの口三味線に負けず劣らず、これでもかと観せてくれますがそこが最大の山場にすら思えました。
観てるうちに‘グエムル漢江の怪物’も被ってきたし。

決して嫌味ではありませんが、お金かけて撮れる環境は羨ましい限り、日本ってホントに恵まれてないですね。

2011/6/30  12:07

投稿者:マニィ

東京支部長さま、ありがとうございます!!ご無沙汰しております!!

確かに…突っ込みどころ満載、でしたね。お金はかかってましたが…。

言われてみると、「タクシードライバー」時代のジョディ・フォスターに似てるかも、です。エキゾチックでいて芯が通っている感じがよく似てますね。

2011/6/29  17:54

投稿者:東京支部長

結構期待して妻と見に行ったのだけど・・・。突っ込みどころ満載で・・・。劇場を出たら30分でどんな内容だったか思い出せないような・・・。あんなにお金を賭けたのに・・・。でもヒロインの彼女はジョディ・フオスターのデビュー当時を思い出させるような魅力を持っていましたが、そうかお姉さんが彼女とはね〜。おたっきーさん、勉強になります。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ