探偵はBARにいる  新作レビュー

★★★★★

「探偵はBARにいる」 いい題名だ。

探偵に連絡するのに、携帯電話なんて不遜なのだ。
やっぱり、黒電話だ。

おお、ハードボイルド。

映画からは、工藤ちゃんの匂いがするぞ。
「最も危険な遊戯」の香りも漂う。
オンボロ車に乗るコンビの丁々発止は、「カリオストロの城」か。
札幌に炊かれるスモークは、「ブレードランナー」の如く、異空間を創り出す。

福澤勝広美術監督のセンスの良さが、随所に光る。
バーのセットやコースターのデザイン等等、この映画、職人さんたちがいい仕事をしている。

キネマ旬報の監督インタビューを読むと、やっぱりそんな作品群を意識していたとか。
いいぞ!橋本一監督。最後の(?)東映社員監督!!

△マークを背負って、こういう「東映」らしい映画を、どんどん作り続けてほしいな。

松田優作アニキにオマージュびんびんながら、その直系ドストライクの龍平氏を、主役ではなく、主人公の相棒にキャスティングするセンス。

龍平氏は映画俳優「松田龍平」として独自の凄さを持っているが、あえてこの企画で彼の持ち味を生かしながら、また新たな魅力を引き出しているところがニクイ。

ミステリアスな美女ヒロイン、小雪に生活感がないのも、東映ハードボイルドの伝統だ。西田敏行は最近出すぎだけど、この映画を締めている。

主役の大泉洋が、持ち味のユーモアセンスに、ちょっとダーティーな雰囲気も漂わせていて、いい。シリーズ化も決まったというから、きっと彼の当たり役になるだろう。

大泉さん、「シネキング」に出演していただいたな。ディレクターが「探偵にBARはいる」とタイトルを間違えたら、「バーはいねえよ、バーは」と突っ込んでいました。

とってもいい人で、ファンになったのでした。

3



2011/11/8  7:11

投稿者:マニィ

東京支部長さま、ありがとうございます!最近は、BARにいらっしゃるのですね?

東映セントラルフィルム…「最も危険な遊戯」をはじめとする、遊戯シリーズ三部作は僕もシビレました…。

あのテイストの作品が、今再び、サンカクマークの元にスクリーンに蘇えるなんて…感激です。

大泉さん扮する探偵は21世紀の鳴海ですね。その遺伝子を継ぐ龍平さんが相棒なんて、小意気すぎます、東映さん。

パート2では「福澤美術監督」さんの出演シーンに期待しています。BARの常連客で、是非!!

2011/11/8  7:02

投稿者:マニィ

ナットマンさま、ありがとうございます!

テレビドラマのような映画が多い中、活劇を追及した映画らしい「映画」でしたね。

パート2が楽しみです。

2011/10/25  15:55

投稿者:東京支部長はBARにいる

マニーさんに褒められたこの映画は、我々おじさんたちの青春回帰映画です。20代の若かりし頃、皆 松田優作になりたかった、いやなれなくてもまねしたかったあの時代の東映セントラルフィルムのテイストを盛り込んだ映画です。なんだか古くさいけど逆にそれが新しいような感覚なのです。つっこみ何処満載だけどいちいち気にしない突き進むそんなテイストですね。この映画、ひたすら娯楽映画を目指しています。次回作が楽しみです!余談ですが美術を担当している福澤君はこの映画に出演はしていないみたいですね。佐々部映画ではおなじみのエキストラ俳優ですが、芝居がいまいちとの評価です。彼が出演しない事によってこの映画のクオリティを高めております。彼の起用を断った橋本監督に☆3っ

2011/10/21  22:36

投稿者:ナットマン

 コレ、今年の映画の五本を上げろと言われたら、
間違いなくその一つに挙げます。
 映画らしい映画だったとも思いました。
 PG-12にも納得出来ますが、
出来れば文字通り親子連れで…(ニヤリ)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ