スーパーマン リターンズ  新作レビュー

見た日/8月某日 ★★★

 いろんな意味で、9・11以降に作られたヒーロー物だなあ、と実感した。
 
 病んでいるアメリカには、やはり人々を救う「超絶な力」が必要なのだ。あるいは必要、とみんなが感じているのだ。しかし、その「力」を使う者も超人ではあるが、やはり人であり、人である以上、傷つき、自分の力に悩み、苦しむ。

 この辺りはイエス・キリストを彷彿とさせるが、この映画はしっかりと「スーパーマン」と「神」を対比させながら、神々しいものに対する人類の理想と希望を、ヒーロー物の形を借りてしっかりと描いている。

 単純に「スーパーマン」映画としても、1978年版に限りない愛情を持って作られており、はっきり言って78年版と翌年の2を見てないと意味不明なシーンも多い。逆にあのテーマ音楽、オープニングしかりで、少年時代にクリストファー・リーブの「スーパーマン」にはまった人なら、正に感涙物の作品に仕上がっている。

 最後のエンドタイトルで「クリストファー・リーブ夫妻に捧ぐ」とクレジットされるが、5年ぶりに帰ってきた悩めるスーパーマンが、恋人や周辺の変化に戸惑いながら、それでも人を助けることを選択するのは、宗教的な使命感に加え、半身不随になってなお、生きる意欲を失わず、チャリティ事業に生涯を捧げたクリストファー・リーブそのものを喚起させる。

 そうだ、これは、役者こそ違うが、正に「クリストファー・リーブ」の映画であり、パート1を見て感激し、励まされたというブライアン・シンガーが、彼に送った恩返しの映画でもあるのだろう。全編に優しさが満ちた、いいヒーロー映画である。

 ケビン・スペイシーのレックス・ルーサーも、秘書の姉ちゃんも、ロイス・レインも、気弱なカメラマンも、全然違う役者さんなのに、なぜか前作とだぶって違和感がないのはさすがだ。

 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ